最新ランキングをチェックしよう
日経平均テクニカル: MACDは陰転シグナルを発生、ストキャス低下で過熱感は後退

日経平均テクニカル: MACDは陰転シグナルを発生、ストキャス低下で過熱感は後退

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/14

株式会社フィスコ
5日続落。売り先行で始まり、その後は22500円を回復する場面をみせていたが、5日線接近では強弱感が対立しやすく、昨日同様、引け前30分辺りから先物主導で下げに転じている。意外感はなく、想定内の調整といったところであるが、下降する5日線が上値の重しとなるほか、ボリンジャーバンドでは+1σを下回っての推移に。目先的には中心値(25日)辺りまでの調整は意識しておく必要があろう。一目均

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キャデラック『XT5 CROSSOVER』VS ボルボ『XC60』安全、快適装備が充実したミッドサイズSUV対決
CFTC、仮想通貨投資で2社を詐欺罪で告訴【フィスコ・ビットコインニュース】
パナソニック、巨額投資に回収不安か
年金支給を70歳超えまで繰り下げた人は、いくら得をするのか?
ホンダ『オデッセイ』に搭載された最上級シート「プレミアムクレードルシート」の真実
  • このエントリーをはてなブックマークに追加