日経平均テクニカル: MACDは陰転シグナルを発生、ストキャス低下で過熱感は後退

日経平均テクニカル: MACDは陰転シグナルを発生、ストキャス低下で過熱感は後退

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/14
No image

株式会社フィスコ

5日続落。売り先行で始まり、その後は22500円を回復する場面をみせていたが、5日線接近では強弱感が対立しやすく、昨日同様、引け前30分辺りから先物主導で下げに転じている。意外感はなく、想定内の調整といったところであるが、下降する5日線が上値の重しとなるほか、ボリンジャーバンドでは+1σを下回っての推移に。目先的には中心値(25日)辺りまでの調整は意識しておく必要があろう。一目均衡表では転換線が抵抗となる一方で、基準線が下値支持線として意識されそうだ。MACDは明確にシグナルを下回っており、陰転シグナルが発生している。ストキャスは9月水準まで低下してきており、過熱感は後退した。

<CS>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
MT車が予想以上のバカ売れ...ホンダ シビック 新型、受注の半数近くがMT車に
「作っても売れない」 悩む中国のEVメーカー
ウォール・ストリート・ジャーナル
日本企業の記者人材登用について:新田氏の記事を読んで --- 松原 吉彦
海外でも高い評価を受けるテキスタイルデザイナー! 北海道「札幌グランドホテル」で『梶原加奈子のテキスタイル展』開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加