星野源「2017 年間 USEN HIT J-POPランキング」で首位を獲得!年間 USEN HIT ランキング発表

星野源「2017 年間 USEN HIT J-POPランキング」で首位を獲得!年間 USEN HIT ランキング発表

  • E-TALENTBANK
  • 更新日:2017/12/07
No image

その一部門「2017 年間 USEN HIT J-POPランキング」で首位に輝いたのは、星野源の「恋」。昨年、自身が出演したテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌で、エンディングで流れた“恋ダンス”とともに大旋風を巻き起こしたこの曲は、今年に入ってからも世代を超えて親しまれ、延べ1年にわたってランキングを賑わせた。今年発売の「Family Song」も14位を獲得。音楽家・俳優・文筆家でもある多才な彼の生み出す楽曲が、多くの人の共感を呼び、活力をもたらした結果と言えるだろう。

また、今年に入ってから大躍進を遂げたのは米津玄師。アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌で、ラップシンガー・DAOKOの3枚目シングルに全面的に参加した「打上花火」が2位を、自身7枚目シングル「ピースサイン」が5位を獲得し、彼もまた音楽家だけでない驚異の才能を見せている。

ソロシンガーの活躍をはじめ、ユニット、バンド、アイドルグループなどさまざまな人気アーティストが名を連ね、多彩なサウンドやスタイルのヒット曲で、J-POP界が一層の広がりを見せた今年のUSEN HIT J-POPランキングとなった。

■2017 年間 USEN HIT J-POPランキング 2017年度(集計期間:2017年1月6日~2017年11月30日)

1位 恋 (星野源)
2位 打上花火(DAOKO×米津玄師)
3位 渡月橋~君 想ふ~ (倉木麻衣)
4位 Y(C&K)
5位 ピースサイン(米津玄師)
6位 TOKYO GIRL(Perfume)
7位 I need your love(Beverly)
8位 この闇を照らす光のむこうに(Anly+スキマスイッチ=)
9位 不協和音(欅坂46)
10位 Destiny (シェネル)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
絢香&三浦大知 小林武史氏プロデュースで最強コラボCD
「Live Shop!」提供のCandeeが総額24.5億円を調達、ライブコマース事業の横展開を視野に
夢の共演! 絢香と三浦大知のコラボレーションが実現
麻倉推薦:やっぱりカラヤン? アナログ時代の名盤がDSDでよみがえる
筋肉少女帯BLITZツアーファイナルで新曲続々披露、この模様は正月にニコ生で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加