ソフトバンク田中正義、149キロ&安定感に手応え

ソフトバンク田中正義、149キロ&安定感に手応え

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/02/11
No image

シート打撃に登板し力投する田中正義(撮影・菊川光一)

ソフトバンク田中正義投手(24)がシート打撃で最速149キロをマークした。

打者6人に対し中村晃に許した右翼への二塁打1本だけ。課題のけん制や守備も安定していた。この日は直球とフォークだけを投げた。「ストライク先行でいけた。よかったです。追い込んでからの制球の精度を上げていきたい」と手応えをつかんでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ファンとの接触で肩を負傷した松坂投手に〝疑惑〟がナゼ深まるのか
可愛すぎる野球女子と話題の坪井ミサト。球速へのこだわりは本物だ
「平成最強だと思うピッチャー」TOP10。大谷、松坂...1位は誰?
大谷翔平、米誌選出のMLB選手トップ100にランクイン「最も驚くべき選手」
広島vs.日本ハム、練習試合スタメン 両チームの6番は長野と清宮
  • このエントリーをはてなブックマークに追加