あのソロージャが描く庭園の絵画を集めた無料展覧会開催中

あのソロージャが描く庭園の絵画を集めた無料展覧会開催中

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2018/02/14

Joaquín Sorolla(ホアキン・ソロージャ)。バレンシアのスペイン版新幹線AVEの発着駅の名前にもなっているホアキン・ソロージャは、1863年にバレンシアで生まれた画家です。

スペインの絵画といえば、ムリージョやエル・グレコなどの宗教画家、ベラスケスやゴヤのような宮廷画家、またピカソやダリ、ミロといった個性的な現代絵画を描く画家がよく知られています。ソロージャはそれとは一線を画したスペインの印象派で、その光の描き方にこだわった風景を数々と残したことから"光の画家"と呼ばれています。バレンシアの海岸やマドリーのアトリエ兼自宅やアルハンブラ宮殿などの庭、スペイン各地の風俗画などを描きました。

No image

現在バレンシアにあるバンカハ文化センターでは、庭園を描いたソロージャの絵画を集めた展覧会を開催中です。柔らかな色彩で描かれた作品を見ていると、とても癒されます。何点も目にすることでソロージャがなぜ"光の画家"と呼ばれるのかがわかる気がします。

展覧会は3月19日まで。それまでにバレンシアに来られる方は必見です。普段は見ることのできない個人所有の作品も展示されていますし、それになんて言っても無料ですからね。このバンカハ文化センターはたびたび無料ですばらしい展覧会を開催してくれる、ありがたいところなのです。

Sorolla ~Un Jardí per a Pintar会場: Centro Cultural Bancaja住所: Plaza de Tetuán 23, Valencia地図:https://goo.gl/maps/fQ9xToLt3pA2電話: +34-96-064-5840WEB:http://www.fundacionbancaja.es/cultura/exposiciones/exposiciones.aspx開館時間: 火~日および祝日10:00~14:00、17:00~21:00 月10:00~14:00

マドリーにはアトリエ兼自宅を改装したソロージャ美術館があります。私のお勧めするマドリーのアートスポットのひとつなので、ぜひ足をお運びくださいね。https://www.mecd.gob.es/msorolla/inicio.html

また、現在マドリーのティッセン・ボルミネッサ美術館では、本日から5月27日までSorolla y la Moda(ソロージャとファッション)という展覧会を開催中。こちらも機会があればぜひ。私は3月に行く予定です♪

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大泉洋 相棒・木村洋二アナの2年ぶり復帰に号泣「よかった。長かったからね、今回」
ロンブー・田村淳の青学大「全学部不合格」に批判殺到
辺見えみり、再び離婚報道で「別れて正解」と夫に同情の声
花田優一 妹を溺愛 一緒に風呂も「チューも」
花田優一「おしゃれイズム」出演でシャレにならない兄妹関係が再燃!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加