「ハビタブルゾーン」に含まれる惑星10個をNASAが新たに発見したと発表

「ハビタブルゾーン」に含まれる惑星10個をNASAが新たに発見したと発表

  • GIGAZINE
  • 更新日:2017/06/20

by Milwaukee Institute of Art & Design Communication Design
NASAが新たに219個の太陽系外惑星の存在を確認しました。そのうち10個の惑星は地球に近いサイズをしており、生命が誕生するのに適した環境と考えられているハビタブルゾーンに位置しているとのことです。
NASA Releases Kepler Survey Catalog,

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加