イガリシノブさん流 “ピンキッシュメイク”はひねりのきいたウォーム×クールが新方程式

イガリシノブさん流 “ピンキッシュメイク”はひねりのきいたウォーム×クールが新方程式

  • MAQUIA ONLINE
  • 更新日:2020/01/28

春色として欠かせないのがピンク。でも、一歩間違えると子どもっぽくなるのが難点。「私も大好きなピンク。大人が使うときは、あえて寒色と組み合わせると甘くなりすぎず、ピンクがグッと生きてくるよ」とイガリさん。暖色と寒色、その真逆の色の組み合わせで起こるメイクの化学反応が楽しみ。肌のふくらみやハリ感もきちんと出せるから、MAQUIA世代にもおすすめ。教えてくれたのは…モデルや今をトキメク女優たちから支持さ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加