6月20日の注目映画第1位は『こどもつかい』

6月20日の注目映画第1位は『こどもつかい』

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/06/20
No image

『こどもつかい』(C) 2017「こどもつかい」製作委員会

6月20日に映画サイト「シネマトゥデイ」でアクセスの多かった注目映画ベスト10です。

第1位『こどもつかい』(6月17日公開)

(C) 2017「こどもつかい」製作委員会

『呪怨』シリーズなどの清水崇監督がメガホンを取った、オリジナルストーリーによるホラー。謎めいた男“こどもつかい”によって子供がさらわれ、やがて帰ってきた子供と会った大人が3日後に亡くなるという怪事件を描く。子供の霊を操り大人に呪いをかけるこどもつかいを、映画初主演の滝沢秀明が熱演。連続不審死事件を追う新聞記者に Hey! Say! JUMP の有岡大貴、その恋人を『愛の渦』『二重生活』などの門脇麦が演じる。

第2位『夏の娘たち~ひめごと~』(7月1日公開)

No image

『憐 Ren』『魔法少女を忘れない』などの堀禎一監督が放つ官能ドラマ。ある町を舞台に、養父の最期を見届けようとする女性が、義理の弟や幼なじみとの関係に揺れ動く姿を描く。『乃梨子の場合』などの西山真来がヒロインを演じる。共演に、舞台で活躍する鎌田英幸、『まんが島』などの松浦祐也らが名を連ねる。

第3位『ライフ』(7月8日公開)

No image

『デンジャラス・ラン』などのダニエル・エスピノーサがメガホンを取ったSFスリラー。国際宇宙ステーションを舞台に、火星で発見された生命体の脅威にさらされた宇宙飛行士たちの運命を追う。『ナイトクローラー』などのジェイク・ギレンホール、エスピノーサ監督作『デンジャラス・ラン』にも出演したライアン・レイノルズ、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』などのレベッカ・ファーガソンらが出演。宇宙船内での手に汗握る展開に息をのむ。

第4位『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(7月1日公開)

No image

(C) 2017 Disney. All Rights Reserved.

ジョニー・デップが孤高の海賊ジャック・スパロウを演じる、大ヒットシリーズ第5弾となるアクションアドベンチャー。ジャック・スパロウが、全ての海賊の滅亡をもくろむ“海の死神”サラザールとの闘いを繰り広げる。過去のシリーズにも出演してきたオーランド・ブルームやジェフリー・ラッシュのほか、悪役に『ノーカントリー』などのハビエル・バルデムがふんし、カヤ・スコデラーリオやブレントン・スウェイツらが共演。監督を、『コン・ティキ』のヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリが務める。壮大なスケールで描かれる冒険とバトルに注目。

第5位『ハクソー・リッジ』(6月24日公開)

No image

(C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

俳優として数々の話題作に出演し、監督としては『ブレイブハート』でオスカーも手にしたメル・ギブソンがメガホンを取って放つ感動作。第2次世界大戦中に銃を持たずに戦地入りし、多くの負傷した兵士を救った実在の人物をモデルに奇跡の逸話を描く。主人公を『沈黙 -サイレンス-』などのアンドリュー・ガーフィールドが熱演。自身の信念に基づき、勇気ある行動をとった兵士の物語が胸を打つ。

第6位『昼顔』(6月10日公開)

No image

(C) 2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

2014年に放映され人気を博したテレビドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち」の劇場版。それぞれ妻、夫がいる身でありながらも激しく惹(ひ)かれ合ってしまった男女が、一度は引き離されるものの再び禁断の愛に身を投じる。テレビ版に続いて、監督を西谷弘が担当し、上戸彩と斎藤工が主人公の二人を熱演。伊藤歩、平山浩行らが共演する。

第7位『メアリと魔女の花』(7月8日公開)

No image

(C) 2017「メアリと魔女の花」製作委員会

『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後、プロデューサーの西村義明が設立したスタジオポノックで制作したアニメ。メアリー・スチュアートの児童文学を基に、魔女の国から盗み出された禁断の花を見つけた少女の冒険を描く。少女メアリの声を務めるのは、『湯を沸かすほどの熱い愛』やNHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの杉咲花。脚本を『かぐや姫の物語』などの坂口理子、音楽を『思い出のマーニー』などの村松崇継が手掛ける。

第8位『劇場版マジンガーZ(仮題)』(公開日未定公開)

No image

(C) 永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

1972年にテレビ放映されて以来、根強い人気を誇る永井豪原作の「マジンガーZ」の劇場版。

第9位『身体を売ったらサヨウナラ』(7月1日公開)

No image

(C) 2017 東映ビデオ/エクセレントフィルムズ

かつてAVに出演していたことが暴かれた、元新聞記者の鈴木涼美による自伝的著書を映画化。昼と夜で異なる世界を生きながら幸せを求めるヒロインの姿を描く。監督は、『下衆の愛』などの内田英治。主演は、『恋の渦』などの柴田千紘。体を張って主人公を演じる柴田の演技、劇中に挿入されるAV監督やAV女優たちへのインタビュー映像が印象に残る。

第10位『忍びの国』(7月1日公開)

No image

(C) 2017 映画『忍びの国』製作委員会

「のぼうの城」「村上海賊の娘」などの作家・和田竜の小説を実写化したアクション時代劇。伊賀忍者最強とされる男・無門が、織田信長の息子・信雄の軍勢と伊賀の国との戦いに身を投じる姿を追う。メガホンを取るのは、『ジェネラル・ルージュの凱旋』『予告犯』などの中村義洋。中村監督作『映画 怪物くん』などの大野智が、怠け者ながら腕は確かな主人公の忍者を演じる。大野の体を張ったアクションや、武力だけに頼らず知略を駆使した戦いの行方に目を奪われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“結婚詐欺師“ディーン・フジオカが、愛されたい女性たちの心を翻弄する!「結婚」ほか「フィフティ・シェイズ・ダーカー」「またいつ、君と」「ひだまりが聴こえる」など:今週公開の映画
世界情勢が不安定な現代に響く『ハクソー・リッジ』
6月23日の注目映画第1位は『夏の娘たち~ひめごと~』
魂の移植、タイムワープ、宇宙人...! 米軍の極秘実験「モントーク計画」に参加した男が見た2173年と2749年の未来とは!?
【予告編】デ・ニーロ、伝説のボクシングトレーナーに!『ハンズ・オブ・ストーン』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加