「明日の約束」主人公日向を苦しめる“毒親”の存在

「明日の約束」主人公日向を苦しめる“毒親”の存在

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/11/15
No image

日向(井上真央)は恋人の本庄(工藤阿須加)にプロポーズされる (C)カンテレ

11月14日(火)放送のドラマ「明日の約束」(毎週火曜夜9:00-9:54フジテレビ系)第5話では、主人公・日向(井上真央)と恋人・本庄(工藤阿須加)との関係がいよいよ動き出す。だが、改めて“毒親”の存在が浮き彫りに。

【写真を見る】家族に対して心に闇を抱える本庄の鋭い表情

ブライダル会社に勤務する本庄と交際して3年になる日向は、結婚話を切り出され抱き締められながら笑顔を浮かべる。ところがどこか喜びきれない様子。その脳裏に浮かんでいたのは母親の尚子(手塚理美)の存在だった。

日向の交際を知ると「あー、いやらしい。お母さんに隠れてコソコソ恋人つくって」「あんないい人、あんたなんかには釣り合わないわよ!」と“非難”をくり返していた尚子。日向が中学生の頃には同級生の男子と話すことを禁止するほど、日向をゆがんだ形で愛し過ぎている母。果たして日向が結婚話を告げたら尚子はどうなってしまうのか。

一方、恋人の本庄も日向と同様に、家族に絡んだ心の闇を抱えていることが描かれる。制作発表で工藤が「今までの僕のイメージとは相反する、ダークな部分をお見せできるんじゃないかと思っている」と話したその一端が、初めて見えてくる。

■ 11/14OA第5話あらすじ

1年生のバスケ部員・圭吾(遠藤健慎)が謎の死を遂げ、キャプテンの大翔(金子大地)は加害者として世間から誹謗(ひぼう)中傷されることになる。そんな中、圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)は弁護士を伴い学校へやって来て抗議する。さらに大翔の喫煙を暴露し、教師たちは強いリーダーシップでチームを率いていた大翔の裏の顔に、思わず絶句する。

喫煙の件で大翔に話を聞いた日向(井上真央)は、圭吾が「たばこのことをバラされたくなかったら自分をベンチ入りさせてほしい」と大翔を脅していたことを知る。“僕は、先輩のせいで死にます”圭吾から最後に送られてきたメッセージに苦しむ大翔。日向は、そもそも脅迫自体が圭吾の意思ではなかったのではないかと疑念を抱く。(ザテレビジョン)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
若槻千夏ににこるん「げっ!脱いでたんすか!」
安室奈美恵がテレビに出なくなった理由
ビートたけしの“子ども”がラブドールを相手にガチSEXしていた
ふなっしー「テレビ出演しない理由」に称賛集まる
二階堂ふみ 「ぐるナイゴチ」涙の卒業...「お芝居の方に集中」、メンバーびっくり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加