高齢化で増えるパーキンソン病患者。発症には腸内細菌が関連している?

高齢化で増えるパーキンソン病患者。発症には腸内細菌が関連している?

  • QLife
  • 更新日:2018/07/27

早期パーキンソン病の根治を目指した研究が進行中
順天堂大学大学院 医学系研究科 神経学教授 服部信孝先生
 手足が震える「振戦」や、筋肉が硬く縮まって動きにくくなる「固縮」、身体が動かない「無動」を主な症状とするパーキンソン病。年齢が高くなるほど患者が増えることから、超高齢社会に突入した日本でも、今後、パーキンソン病の患者数が増えていくと見込まれています。
 武田薬品工業が主催したメディアセミナー

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加