最新ランキングをチェックしよう
高齢化で増えるパーキンソン病患者。発症には腸内細菌が関連している?

高齢化で増えるパーキンソン病患者。発症には腸内細菌が関連している?

  • QLife
  • 更新日:2018/07/27

早期パーキンソン病の根治を目指した研究が進行中
順天堂大学大学院 医学系研究科 神経学教授 服部信孝先生
 手足が震える「振戦」や、筋肉が硬く縮まって動きにくくなる「固縮」、身体が動かない「無動」を主な症状とするパーキンソン病。年齢が高くなるほど患者が増えることから、超高齢社会に突入した日本でも、今後、パーキンソン病の患者数が増えていくと見込まれています。
 武田薬品工業が主催したメディアセミナー

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
小室哲哉が妻KEIKOに離婚を求め調停中 小室側は「婚姻費用は月額8万円」主張も
名倉潤、うつ病から仕事復帰も原田泰造「楽屋の温度問題」言及に懸念の指摘
マクドナルド難民になった40代、年収は頑張って110万円。求人はブラック企業ばかり...
欅坂46・平手友梨奈“激ヤセ姿”に心配の声「どうなってんのこれ...」
悪質タックル繰り返す韓国の新星にスペインメディア警告「反省しなければ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加