東京為替:ドル下げ渋り、日本株の上昇はドル・円相場に対する支援材料に

東京為替:ドル下げ渋り、日本株の上昇はドル・円相場に対する支援材料に

  • FISCO
  • 更新日:2017/09/15
No image

株式会社フィスコ

15日午前の東京市場でドル・円は110円10銭台で推移。北朝鮮による弾道ミサイル発射を嫌気したリスク回避の円買いは一巡した。仲値時点のドル需要は通常並みだったようだ。ドルの上値は重いままだが、110円以下には短期筋などのドル買い興味が残されており、アジア市場でドル・円が110円を大幅に下回る(109円50銭割れ)可能性は低いとみられる。ここまでのドル・円は109円56銭から110円29銭で推移。

・ユーロ・円は、130円62銭から131円45銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1906ドルから1.1924ドルで推移

■今後のポイント
・110円以下には顧客筋、個人勢のドル買い興味残る
・1ドル=110円-113円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値49.80ドル 安値49.69ドル 直近値49.75ドル

<MK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ
シチズン、5000円台ソーラー「Q&Q SmileSolar」初の36mmケース登場
驚異の12分間回転――「ハンドスピナー」開発にアツくなる企業の正体
シンガポール・チャンギ国際空港に日本産農畜産物販売店オープン JA全農ら協力
セブン、新型「巨大店舗」が壮観...棚が15cm低い秘密、極限まで顧客ニーズ追求
  • このエントリーをはてなブックマークに追加