秀岳館が左腕リレーで競り勝つ 強力打線の横浜は初戦敗退

秀岳館が左腕リレーで競り勝つ 強力打線の横浜は初戦敗退

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/11

第99回全国高校野球選手権大会第4日第2試合(横浜4-6秀岳館、11日、甲子園)優勝候補同士の対戦は、3季連続4強の秀岳館(熊本)が強力打線を擁する横浜(神奈川)を6-4で下した。打線が一回に3点を先行すると、川端、田浦の左腕リレーで横浜打線の反撃を断った。

秀岳館は一回、先頭の竹輪が相手先発の塩原から右翼線三塁打を放つと、続く半情の左犠飛で1点を先制した。なおも4番・広部の左中間フェンスを直撃する適時二塁打、続く田浦の中前適時打で3点を奪った。

秀岳館は三回には無死三塁から田浦のゴロを二塁手が失策。ボールを拾った投手の塩原が一塁へ悪送球し、1点を追加した。

横浜は五回にプロ注目の4番・増田が先頭で中前打を放つと、続く万波が四球を選んだ。5番・福永の打席で増田が三盗。この後、福永は右犠飛を放ち、1点を返した。

秀岳館は七回に代打・橋口の右前2点打を放った。横浜はその裏、6番・福永が左中間に3ランを放ち2点差に迫ったが、秀岳館の2番手・田浦がチェンジアップを武器に八回、九回に得点を許さなかった。

No image

好投した先発の秀岳館・川端=甲子園球場(撮影・甘利慈)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
野村ジェームス4強弾!花咲徳栄、埼玉勢初Vへ打倒・東海大菅生
元プロ野球選手・森本稀哲、スーパースター・新庄剛志に憧れ金銭感覚が崩壊
スカウトが選んだ夏の甲子園ベストナイン。このうちドラフト指名は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加