アイボ復活「家族がひとり増えた!」、ソニー約12年ぶり発売

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/12

ソニーは11日、人工知能(AI)を搭載した新しい犬型ロボット「aibo(アイボ)」を発売した。2006年に旧製品「AIBO」の生産を停止し、ロボット事業から撤退して以来約12年ぶりの復活になる。

東京都内の本社では、事前にインターネットで予約した購入者にアイボを手渡すイベントを開催した。新型アイボを受け取った女性は「家族がひとり増えました」と笑顔で話した。本体価格は21万3840円。ただ使用するには本体とは別に3年間のプランへの加入が必要で、3年分の一括払いだと9万7200円かかる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北京新空港は世界最先端の構造、下車して8分以内に搭乗口に行ける!―中国
JT、安倍政権で財務省の「天下り」復活...揺らぐ経営の独立性
デザイン賞全6部門中、インフィニティとBMWが2部門ずつ...デトロイトモーターショー2018
原油価格が3年ぶりの高値、「今後」を占う3つの視点とは?
ソフトバンクも副業解禁。「Smart&Fun!」で広がる自由な社風【ダブルワーク活用術】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加