「いつも通り」が好調の証...抜群の存在感を示し始めたMF家長昭博

「いつも通り」が好調の証...抜群の存在感を示し始めたMF家長昭博

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/08/24
No image

好調の川崎で存在感を発揮している家長昭博 [写真]=Getty Images

家長昭博は今、好調の川崎フロンターレで抜群の存在感を示している。

川崎は23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝ファーストレグで浦和レッズをホームに迎え、3-1で勝利を収めた。

33分に中村憲剛の折り返しを小林悠が決めて先制すると、後半立ち上がりにはエウシーニョがこぼれ球を押し込んで2点目を奪った。だが、76分に一瞬の隙を突かれてゴールを許してしまう。試合後に小林が「嫌な空気が流れた」と話したとおり、浦和にとっては大きな、川崎にとっては痛恨のアウェイゴールだった。

そんな流れを断ち切ったのが背番号41だった。13日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節の鹿島アントラーズ戦で待望の加入後リーグ戦初ゴールをマークし、19日の北海道コンサドーレ札幌戦でも2ゴールに絡むなど好プレーを見せていた家長は、この日も巧みなボールキープやハードワークで存在感を発揮。そして85分、左サイドでボールを持つと、一瞬の加速でDFを振り切り、中を確認してふわりとクロスを上げる。これを小林がヘディングで叩き込み、貴重な3点目となった。

No image

ゴールを喜ぶ小林悠(左)と家長昭博(右) [写真]=Getty Images

試合後、彼はアシストのシーンを「あまり覚えていない」と振り返り、ゲームについても「いつも通りでした。まだ、第2戦が終わってからですね。間隔も空きますし」と至って冷静にコメントした。だが、「いつも通り」という言葉は調子の悪いときには出てこないはずだ。

2ゴールを挙げた小林は「アキくん(家長)はチームで一番走っているし、スプリントもかなり多いです。あれだけの選手が、出られない時間が続いて苦しんだと思いますけど、我慢して待った結果が今につながっていると思います。アシストの場面も、僕の特徴を活かすボールで、本当に決めるだけでした」と、そんな家長に称賛の言葉を送っている。

そして中村も、「もともといい選手ですし、うちにフィットするのに時間かかっただけです。まあ、だいぶ待ちましたけど(笑)。ボールを持てるし、2人で本当にすごく近い距離で(パス交換)できる選手はそんなに多くないので、やっていて楽しくなってきましたよ」と、冗談も交えながら、連携が深まっていることを嬉しそうに明かした。

浦和とのACL準々決勝セカンドレグは9月13日。その間、リーグ戦やYBCルヴァンカップも控えている。タイトル獲得を目指す川崎のなかで、「いつも通り」にプレーする家長昭博の存在感は、ますます高まっていくだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【週末の対戦予定】吉田は“超強力”マンU攻撃陣を封じられるか...首位・鹿島はG大阪と対戦
磐田、ゲームキャプテンを務めるDF大井健太郎が練習中に負傷...全治3~4週間
【土屋雅史氏のJ2展望】京都vs湘南は、首位湘南の勝利が堅軸...愛媛はホームでの横浜FC戦に好相性
【J1展望】神戸×川崎|連勝を「3」に伸ばすのは? 神戸は田中順、川崎は小林の出来に注目!?
恐怖!殺人鬼の館カシマ...中田浩二氏「ハンパない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加