上手に不用品を処分するコツは○○の活用にあり

上手に不用品を処分するコツは○○の活用にあり

  • @DIME
  • 更新日:2017/09/16

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

激化している各社のポイントカードだが、実際には漠然と使っていることも多い。ポイント選びの“ポイント”は「貯めやすく、使い切りやすい」ものを選ぶこと。ネット調査で貯まりやすさ1位を獲得した「楽天スーパーポイント」は、通常ポイント1倍に楽天カード使用で+3倍、月1回以上の楽天市場スマホアプリ経由の買い物で+1倍、楽天モバイルの利用で+1倍、楽天プレミアムカードもしくは楽天ゴールドカードの利用で+1倍と、最大でポイントが常時7倍の付与となる「楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)」が、支持される大きな理由になっている。

◆ファイナルシャルプランナー・風呂内 亜矢さんによる「貯まる家計になるコツと賢いポイント有効活用」

風呂内さんはずぼらな人でもできるポイント活用術を紹介。2017年に30~40代の既婚者を対象にした楽天の調査では、4人に1人は1000万円以上の貯蓄がある一方で、4人に1人は100万円以下の貯蓄と、貯蓄額が二極化していることが判明。同じ調査で貯蓄のために一番大事なことは?という設問に、貯蓄額上位10%の回答では6位にポイント活用がランクイン、貯金額の高い家庭はポイントを重視しているのがわかった。

No image

「ポイントを貯めるには家計の流れを把握することが大切。ポイント発生場所がバラバラだと有効活用できないことが多く、ポイントを集約させたり、お金の流れを大まかにとらえて、どの銀行を使って、どのカードを使って、どこで買い物をするかときちんと設計できないとポイントはうまく貯められない」(風呂内さん)

風呂内さんは、一度だけきちんと見直せば日々では意識しなくてもずっと得をする、マネールールの仕組みを作ることを提唱している。

〇支払い方法の選定
保険、NHK受信料、国民年金など年払いでまとめて支払いする、公共料金は口座引き落としにするなど、支払い方法でお得になる割引を利用する。

〇固定費見直し
通帳をチェックして毎月払っている内容をもう一度見直す。保険料の見直しは良く取り上げられるが、最近は、格安SIM利用や無駄なオプションは省くなどの通信費の見直しがトレンドになっている。

〇ポイントの活用
汎用性が高く、どこでも使えてきちんと貯まるポイントを選ぶ。貯蓄や家計の見直しという観点からポイントを選ぶには、マネールール化しやすく、生活費をなるべくカバーできるポイントを選ぶことが重要。

No image

「我が家の例を挙げると、家庭用決済は家族カードで一元管理している。夫が自分用のものを買っても、私がスーパーで日常の買い物に使っても同じ明細で来るので管理がしやすい。さらに楽天ゴールドカードに変更して、アプリを使い6倍アップというSPUを活用。楽天はネットで日常生活に必要なものを手配できるので使い勝手もいい。貯めたポイントは贈答やピザやサンドイッチなどのデリバリーに使っている。また、始まったばかりのポイントで買える投資信託にも注目。現金と違いポイントで買った投資信託だったらアップダウンがあっても投資に挑戦しやすい。仕事用決済はいつでも2%還元のプリペイドタイプと使い分けている。固定費はクレジットカード、予算管理がしたい食費などはプリペイドという使い方がおすすめ」(風呂内さん)

◆フリマアドバイザー・川崎 さちえさんによる「あれもこれもお金に換わる!不用品処分術」

14年前に、子育てに専念すると夫が突然会社を辞めたことをきっかけにヤクオク!を始め、数年前からフリマアプリを開始、家の中にある不用品を売り、毎月3~4万円を稼いでいる川崎さん。不用品処分に関する独自のノウハウを構築した川崎さんの不用品の処分術を紹介する。

「家の中にある不用品、気づかないが家の中にあるものがフリマで売れる時代で、みなさんは不用品を不用品だと思っていない可能性が高い。私が売った意外なものではコンバースの空き箱。680円で売れて送料を引いて400円程度の収入に。ヴィトン、エルメスといった高級ブランドだけでなく、普通のコンバースの空き箱でも売れる時代になった。とりあえず出せばだれかが必ず見ている、何が売れるのかわからないというのが不用品市場の面白さ」(川崎さん)

No image

川崎さんが売った不用品には、使いかけの化粧品、本体のないACアダプタ、処分した洋服のボタン、旅行先から持ち帰った高級ホテルのアメニティといった、こんなものまで?と思うものも。

No image

出品者が値付けして即決取引できるのがフリマアプリの魅力。しかしフリマアプリには独自の文化があり、まずは仕組みを理解することが必要。例えば「専用出品」は、ある特定のユーザーと出品者がすでに値段や取り置き交渉をしているので、他のユーザーの購入を断っているというもの。「即購入禁止」「コメント後購入」は、本当に購入意思があるのか出品者が確認したいという思いを反映したもので、コメントなしに即購入はお断りというもの。このようにフリマには暗黙のルールがあるため、出品者のプロフィール欄に書いてある「マイルール」をきちんと読んでから取引を始めた方がトラブル防止になる。仕組みやルール、雰囲気を理解するには、まずフリマで購入してみるのがいいと川崎さんは言う。

「フリマアプリはラクマやメルカリが有名だが、ラクマは私の感覚ではメルカリよりも若干値段が安く、取引手数料がかからない、楽天スーパーポイントが使えるメリットがある。私が実際に買った例では、通常2000円程度で販売されている子どもの参考書。ラクマで900円で購入し、貯まっていた期間限定の楽天スーパーポイントがあったので、こちらを活用して実質は200円で購入できた」(川崎さん)

フリマアプリで向かないものはバッグやジュエリー、腕時計などのブランドもの。本物かどうか購入者に警戒される、値段が高いのでちょっとした傷、汚れがあるだけですぐにクレームになる、値下げ交渉も多く適正価格が判断しにくいことが挙げられる。

「ブランドものを売りたい場合は、プロに査定してもらったほうが安心、安全で楽。スマホで簡単に査定してもらえる『楽天買取』は良く活用している。自宅で写真を撮りプロに査定してもらう仕組みで、査定してくれる店も200社ほど登録されているので、何社かの査定を比較できる。売上金額に応じて楽天スーパーポイントがもらえるのも大きい。ポイントを使うのではなくもらえるというのは魅力」(川崎さん)

No image

【AJの読み】ポイントは貯まらないものだと思っていた

クレジットカードに各店で発行しているポイントカードと、財布の中はカードだらけ。店で出す時にトランプのように広げて探すありさま。ポイントなんてハナっから貯まらないもの、貯まっても少額にしかならないものと思っていたが、集約することで貯まったポイントを家計費に活用できるとわかった。

フリマアプリがブームになっているのは知っていたが、ペットボトルのキャップ、トイレットペーパーやラップの芯、牛乳パック、まつぼっくりまで売れると聞いてひたすら驚くばかり。使いかけの化粧品なんてどうして欲しいんだ?

私は“捨て魔”なので、用無しと判断したものは片っ端から捨てるタイプだが、これからは捨てる前に「売る」ことも選択肢として有りかも。ただフリマアプリは購入者とのやり取りや発送作業が面倒なのも事実。すべてを代行してやってくれるフリマアプリはないものかと、ずぼらな自分は思ってしまうが。

文/阿部 純子

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
飛行機の搭乗券に「SSSS」とプリントされたらヤバいことが起こるらしい...
年収550万 丸腰で株始めた中流家計の末路
道具いらず。たった2分で鼻づまりを直す方法【ライフハック】
【鼻血ブー】イスラエルの軍人さん色っぽすぎィィイイイ! 必殺技「悩殺」だけで将軍まで上り詰めるレベル!!
もう戻れない!「エッチ大好きにさせられた...」元カレのテク3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加