日本ユニシス、知的エージェント構築環境の プロトタイプ開発キット

日本ユニシス、知的エージェント構築環境の プロトタイプ開発キット

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/15
No image

日本ユニシスは、AI関連技術体系「Rinza」を使った知的エージェント構築環境「RinzaTalk」において、業務適用に向けたPoC(Proof Of Concept:概念実証)向けに、「RinzaTalkプロトタイプ開発キット」と「RinzaTalk PoC支援サービス」を9月15日から提供開始すると発表した。

「RinzaTalkプロトタイプ開発キット」は、知的エージェントに必要な「会話制御」「自然言語解析」、「トークスクリプト管理」、「アクション制御」などの機能をセットにしたソフトウエアで、PoCのためのプロトタイプ開発環境を提供。稼働環境にMicrosoft Azureを利用し、自然言語処理のための辞書、会話スクリプトともにGUIを利用してのメンテナンスが可能。

「RinzaTalk PoC支援サービス」はRinzaTalk アセスメントサービス」と「RinzaTalk プロトタイプ開発サービス」で構成され、PoCのために計画・実施すべき作業プロセスと提供物をあらかじめ定義し、プロジェクトの速やかな立ち上げと遂行を支援する。

RinzaTalkアセスメントサービスは、知的エージェント導入にあたり、顧客業務における現状の課題を把握、実現に向けた検討の支援を行うほか、現状業務ヒアリング(業務概要の整理、課題の抽出、対応方針を検討)、 RinzaTalkによる実現検討(業務フロー作成、シナリオ案作成、連携データおよび関連技術選定)を行う。

RinzaTalkプロトタイプ構築サービスは、「RinzaTalkプロトタイプ開発キット」を利用して、技術検証および業務検証を行うためのプロトタイプを開発する。

同社では、「RinzaTalk」を含むAI関連技術体系「Rinza」の関連サービスで、3年間で20億円のビジネス規模を見込んでいます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
速報:アマゾン、激安中性能タブレット新Fire HD 10発表。1万4980円でフルHD・ステレオ音響
スマホを近くに置くだけで複数台へ同時に給電できるワイヤレス充電端末「Pi」
最新研究で「消える職業」がさらに増加! それでも生き残る7つのモデルとは?
ZOOM、ゼンハイザーのVRパートナーシップへの参加を表明
【iOS 11】コントロールセンターをカスタマイズする方法!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加