「ホワイトリスト」の直近騰落状況【フィスコ・アルトコインニュース】

「ホワイトリスト」の直近騰落状況【フィスコ・アルトコインニュース】

  • FISCO
  • 更新日:2018/02/15
No image

株式会社フィスコ

------------

1.イーサリアムクラシック(ETC):-20%

時価総額:2,982,730,000ドル

2.ザイフ(ZAIF):-36%

時価総額:79,928,952ドル

3.ネクスコイン(NCXC):-36%

時価総額:21,665,888ドル

4.ライトコイン(LTC):-38%

時価総額:8,928,360,000ドル

5.イーサリアム(ETH):-39%

時価総額:84,824,200,000ドル

6.ビットコイン(BTC):-40%

時価総額:150,516,000,000ドル

7.CMS:ETH(CMS_ETH):-46%

時価総額:-ドル

8.CMS:XEM(CMS_XEM):-48%

時価総額:-ドル

9.モナコイン(MONA):-48%

時価総額:255,530,000ドル

10.リップル(XRP):-49%

時価総額:42,119,800,000ドル

11.カイカコイン(CICC):-52%

時価総額:73,758,998ドル

12.フィスココイン(FSCC):-54%

時価総額:18,509,863ドル

13.ビットコインキャッシュ(BCH):-54%

時価総額:21,803,000,000ドル

14.ペペキャッシュ(PEPECASH):-55%

時価総額:33,871,800ドル

15.カウンターパーティー(XCP):-56%

時価総額:85,497,200ドル

16.NEM(XEM):-65%

時価総額:5,041,770,000ドル

17.キャッシュ(QASH):-65%

時価総額:313,968,000ドル

18.ビットクリスタル(BCY):-68%

時価総額:13,445,800ドル

------------

2017年9月29日に金融庁が正式に仮想通貨交換業者11社を認定した。そこで取り扱われている仮想通貨の一覧は「ホワイトリスト」と呼ばれている。上記データは、1月13日から2月13日の1ヶ月間におけるホワイトリスト入りしている各通貨の騰落率を計算し、降順に並べたものだ(終値ベース)。

騰落率を基準として相対的に割安と見られる、ビットクリスタル、キャッシュ、NEM、カウンターパーティー、ペペキャッシュなどの動向には注意しておきたいところ。なお、1位にランクインしているイーサリアムクラシックは、Coin Market Cap上では足元で前日比23%高で推移しており、前日から引き続き関心が向かっているもよう。

※Coin Market Cap、フィスコ仮想通貨取引所、Zaifからデータを取得して算出。なお、数値については上記の通り、データ元が異なりますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
全米ライフル協会への優遇打ち切り続々 航空大手ら
ワタミ、客離れ終了で完全復活寸前...その「目立たない要因」、鳥貴族と真逆戦略
バフェット氏がIBM株を手放す、レイ・ダリオ氏は日本株をショート...気になる著名投資家の相次ぐ「変化」
郊外から東京都心まで......閉店ラッシュの「TSUTAYA」、レンタル実店舗に未来はある?
美人コンパニオンも多数登場!「NAGOYAオートトレンド2018」が開幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加