『ザ・シューター』撮影中トム・サイズモアの車に轢かれたスタントマン、26億円求め訴訟

『ザ・シューター』撮影中トム・サイズモアの車に轢かれたスタントマン、26億円求め訴訟

  • Techinsight
  • 更新日:2017/11/13
No image

昨年7月、ロサンゼルス郊外のサンタ・クラリタで起きたTVドラマ『ザ・シューター』撮影中の不測の事故。 “ヒュー・ミーチャム”役を演じる俳優トム・サイズモアが車をバックさせた際、スタントマンの男性を轢いて重傷を負わせたものである。仕事に支障を来す深刻な損害を被ったこともあり、このスタントマンがサイズモアを相手に高額訴訟を起こしたもようだ。

『ザ・シューター(原題:Shooter)』の撮影中に、俳優トム・サイズモアが誤ってスタントマンのスティーヴン・デ・カストロさんを轢いてしまったその事故。車はキャデラックのSUVで、その下敷きになったスタントマンは瀕死の重傷を負ってヘリ空輸により病院へ救急搬送された。予想された通りその事故は医療費、慰謝料、損害賠償や将来への補償などを求める訴えへと発展したが、その請求額は日本円にして26億円にもなるという。

米芸能情報サイト『The Blast』が裁判所に提出された文書をもとに独占的に伝えたところによれば、この裁判でカストロさん側が請求したいとしている額は計2,295万ドル。内訳は以下の通りである。

・身体的苦痛、生活全般における生活全般における不便さに対して500万ドル
・精神的苦痛に対して500万ドル
・医療費(現在まで)として15万ドル
・今後かかるであろう医療費として500万ドル
・現在までの逸失利益として30万ドル
・将来の減収分(逸失利益)として750万ドル

またカストロさんはサイズモアが事故当時に酒に酔っていたとも主張しているもよう。これが事実であればサイズモアばかりか現場監督らも責任追及の対象となり、民事訴訟以上の色を帯びてくる可能性がありそうだ。

なお、カストロさんの妻も原告の1人として500万ドルの損害賠償を求めている。伴侶がいる被害者の場合、こうした事故は被害者の身体的機能に対してだけではなく夫婦関係においても深刻な変化やダメージを与えるためで、アメリカの交通事故に関する裁判ではよくあるという。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
来年8月から「介護離職」が急増するワケ
女性が選ぶ“なりたい顔”ランキング発表 白石麻衣・近藤千尋・ダレノガレ明美...1位は?
極楽とんぼ・山本が本番中におもらし!? 共演アイドルの反応は...
「日本との差は100倍、恥ずかしかった」潘基文前国連事務総長が文大統領に苦言=韓国ネットは批判の声多く
閉経後に最高のセックスがやってくる!「女として終わり」じゃない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加