【清水|新体制】再スタートへの第一歩へ、ヨンソン新監督が位置付ける“グッド・フットボール”とは?

【清水|新体制】再スタートへの第一歩へ、ヨンソン新監督が位置付ける“グッド・フットボール”とは?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/01/13
No image

(左から)髙橋大悟、ファン・ソッコ、兵働昭弘、西村恭史、平墳迅、ヤン・ヨンソン監督、伊藤研太、楠神順平、新井栄聡、滝裕太

No image

ヨンソン新監督は慎重に言葉を選びながら、新シーズンへの意気込みを語った。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

No image

1月12日、18年シーズンに向けた清水の新体制発表会見が静岡県内で行なわれた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

1月12日、昨年よりも1日早い日程で清水の新体制発表記者会見が行なわれた。

J1復帰1年目の昨シーズンは「9位以内」という目標を掲げてスタートしたが、終盤は残留争いに巻き込まれて非常に苦しみ、最終節でようやくJ1残留を決めた。J1では、2014年が15位、15年が17位(クラブ史上初のJ2降格)、17年が14位と近年は低迷が続いており、その状況を抜本的に立て直すことが、クラブとして最大のミッションとなる。

したがってこの日の会見は、新加入の選手、スタッフを紹介するだけでなく、クラブ再生の中長期的なプランを示すことも大きなテーマとなっていた。

まずは、新たに就任した鈴木健一郎会長と久米一正副社長兼ゼネラルマネージャーが登壇し、自らの言葉で会社としての再スタートにかける想いを口にした。そのなかで、鈴与株式会社の現社長でもある鈴木会長は、これまでの清水には「長期的に全体を俯瞰する視座が欠け、場当たり的になっていた面もあると思います。今一度『分かち合う夢と感動と誇り』というクラブの基本理念に立ち返って、修正していきたいと思います」と語り、立て直しへの本気度を示した。

次に左伴繁雄社長によるクラブ方針の説明が行なわれ、収益や選手人件費の面ではJ1のトップハーフに入るレベルに近づいていることが示された。左伴社長は「上位進出に向けて、お金を言い訳にできないような経営状況にしていきたい」と語り、経営規模で上位クラブに肉薄していくための3年計画を披露した。

そうした経営陣のプランが中長期的に実を結んでいけば、あとは現場が投資効率を高めて、結果に結びつけていくことが肝になる。久米GMの就任も、そのための第一歩と言える。

そして、現場=チームの建て直しを託されたのが、ヤン・ヨンソン監督と篠田善之コーチの新コンビだ。昨年7月に広島の監督に就任し、停滞していたチームを立て直して残留に導いたヨンソン監督は、ノルウェーでも監督として多くの実績を残しており、日本に対する理解も深い。

会見では「順位目標を明確に言えるのは、鹿児島キャンプを終えて私が選手たちのことを理解してからになると思います」など、慎重に言葉を選びながら地に足の着いた発言を重ね、チームの状況に合わせて現実的な対応ができる指導者であることをうかがわせた。 サッカーのスタイルに関しては、「我慢強くボールをつなぎながら攻撃を仕掛けていけるサッカー」を“グッド・フットボール”として位置付け、「相手が組織立つ前に速くスペースを狙っていくことも重要だと考えているので、それとつなぐサッカーのふたつを融合させていきたい」と語った。

チームのバックボーンとして組織的な守備を整備することも掲げており、これまで若手の育成でも成果を挙げている。今の清水には適したタイプの指導者と言えそうだ。

補強に関しては、この日紹介されたのは移籍組3人、新人6人の計9人。ルーキーたちが主力となるには少し時間がかかるだろうが、移籍組の兵働昭弘、楠神順平、ファン・ソッコは実績十分で即戦力となるはずだ。また、昨年仙台で8得点を挙げた長身&左利きのブラジル人FWクリスランの獲得も決定的となっており、兵働、楠神と合わせて攻撃陣はプラス要素が多くなりそうだ。

だが守備陣に関しては、まだ不安が残る。昨シーズン思うように勝点を伸ばせなかった最大の原因は、リーグワースト3位という失点の多さ(54失点)にあり、守備の立て直しは今季の重要なテーマのひとつ。そんななかで守備の要であるCBの犬飼智也が鹿島に引き抜かれ、SBの選手層にも不安があるため、ファン・ソッコの獲得だけで十分とは言えない。

そこを追加の補強で補うのか、既存選手の成長やコンバートで補うのか、今後もっとも注目すべきポイントとなる。

今季から2020年までの3年間にわたるチーム・スローガンは「BACK TO THE BASIC 徹底」。ピッチ以外のインフラ面や営業努力の面も含めて、勝つため、チームを強化するための努力を細かいところまで徹底させていく。左伴社長はそのように「徹底」の意味を説明した。

2時間以上に及んだ会見からは、再スタートにかけるクラブとしての考え方は十分に伝わってきた。あとは、それが今季のうちにチーム成績として実を結ぶのか。昨年までと違って今度こそ有言実行となることを期待したい。

取材・文●前島芳雄(スポーツライター)■2018年のメンバーリスト

★=新加入
GK
1  西部洋平
13 六反勇治
21 髙木和徹
31 新井栄聡★
43 植草裕樹

DF
2  清水航平
3  ファン・ソッコ★
4  フレイレ
5  鎌田翔雅
25 松原 后
26 二見宏志
27 飯田貴敬
28 立田悠悟
35 伊藤研太★
45 角田 誠

MF
6  竹内 涼
7  六平光成
10 白崎凌兵
14 楠神順平★
15 兵働昭弘★
17 河井陽介
24 増田誓志
29 石毛秀樹
32 水谷拓磨
34 滝 裕太★
36 西村恭史★

FW
9  鄭 大世
11 村田和哉
18 長谷川悠
19 ミッチェル・デューク
23 北川航也
30 金子翔太
33 平墳 迅★
37 髙橋大悟★

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中村俊輔に続いて......Jリーグの横浜F・マリノスと齋藤学に起きた“不可思議なループ”
有言実行のプレーで2アシスト...森保ジャパンを活性化させた最年少・伊藤洋輝の攻撃性
天皇杯V2千葉、目標のBリーグ王者へ切り替え一丸
福岡に甲府FWドゥドゥ加入、W・ポッピとの契約は解除
徳島、今年こそJ1昇格 元U17スペイン代表MFシシーニョ獲得
  • このエントリーをはてなブックマークに追加