ついにレアル移籍か?アザールがチェルシーとの契約更新を拒否

ついにレアル移籍か?アザールがチェルシーとの契約更新を拒否

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/12/06
No image

チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが契約更新を拒否したようだ。これにより、噂されているレアル・マドリーへの移籍が加速しそうだ。

スペイン『マルカ』によると、チェルシーは2020年まで契約しているアザールに対し、新契約締結に向けて年俸1760万ユーロ(26億5000万円)を提示したという。これはプレミアリーグで最も稼いでいるマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバを上回る額だ。

それにも関わらず、アザールはこれを拒否。どうやらアザールは、レアルへの移籍の機会をうかがっているようだ。かねてからアザールは、レアルを率いるジネディーヌ・ジダン監督への“憧れ”を公言しており、「彼は僕のアイドルだった。将来、僕のキャリアに何が起きるかわからないが、ジダンのもとでプレーすることが夢なんだ」と語っていた。

また、レアルもアザールの動向を追っており、ジダン監督が「アザールは私のお気に入りの選手だ。彼のプレーを見るのは楽しいね」と話し、チェルシーMFへの関心を示していた。

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

●プレミアリーグ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハンド女子原主将の涙のワケ...大物食いへあと1歩
東口順昭、好守で貢献。10月の3失点や新鋭の台頭も「死ぬほど悩んで吹っ切れた」
大迫勇也、バイエルン戦欠場の理由は肺炎...回復は年明け1月中旬となる見込み
ケルン大迫が肺炎を発症し1月中旬まで戦線離脱へ 最大5試合に欠場の可能性が浮上
最下位ケルンに打撃...大迫勇也が肺炎発症、年内の復帰は困難か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加