九共大4強入り逃す タイブレーク 日体大に1‐7 明治神宮野球

九共大4強入り逃す タイブレーク 日体大に1‐7 明治神宮野球

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/11/14

明治神宮野球大会の大学の部は13日、神宮球場で準々決勝の残り1試合があり、6年ぶりに出場した九共大(九州3連盟)はタイブレークの延長10回に一挙6点を奪われ、日体大(関東5連盟)に1-7で敗れた。

4番の片山勢三主将は(4年・門司学園)は5打数無安打4三振。「(長打を狙う)自分のスタイルを貫いたが打てなかった」。初戦の名城大戦で大会記録に並ぶ1試合2本塁打を放ったが、延長10回に空振り三振で最後の打者となった。

卒業後は社会人のパナソニックに進み、プロ入りを目指す。今大会最重量となる110キロの巨体を生かしたパワーが武器。「この悔しい経験を糧にしたい。タイプが似ている(西武の)中村さんや山川さんみたいに成長したい」と誓った。 (大窪正一)

=2017/11/14付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
どん底味わった2人の男、最下位ロッテに加入 新風吹かせるか
阪神・福留、MVPに誓う来季優勝!そのためにも「嫌われ役」になる
ミキハウス・木村社長、阪神V&福留MVPならビッグプレゼント約束!
九州学院(熊本)編「ヤクルトドラ1村上輩出!開校100年を越える伝統校のつながり!」
阪神・金本監督、納会欠席の大和に賛辞「すごい戦力ですよ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加