ソフトバンク、1点守って首位堅持 千賀は7回無失点で2年連続2桁勝利

ソフトバンク、1点守って首位堅持 千賀は7回無失点で2年連続2桁勝利

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/12

(パ・リーグ、ソフトバンク1-0日本ハム、19回戦、ソフトバンク14勝5敗、12日、ヤフオクD)ソフトバンクが三回に奪った1点を守り、3連勝で首位を堅持した。先発・千賀は7回を投げ9三振を奪うなど5安打無失点で2年連続2桁勝利となる10勝目(2敗)。日本ハムは5連敗となった。

ソフトバンクは三回、相手先発の上沢から2つの四球を選んで二死一、二塁とし、5番・デスパイネが中前に落ちる適時打を放って先制した。先発・千賀は四回二死から5番・大田、6番・田中賢に連打されたが、続く岡を空振り三振に仕留め、ピンチを脱した。八回は岩崎、モイネロとつなぎ、最後はサファテが締めた。

No image

先発のソフトバンク・千賀=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【イップスの深層】サイドスロー転向の一二三慎太が見せた甲子園の奇跡
前橋育英・皆川149キロ 今大会最速に聖地沸いた
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
DeNA前球団社長・池田純氏、Bリーグ川崎を友好的買収へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加