青木宣親が1番起用で躍動、右へ左へ二塁打! マルチ安打で連敗脱出貢献

青木宣親が1番起用で躍動、右へ左へ二塁打! マルチ安打で連敗脱出貢献

  • フルカウント
  • 更新日:2017/09/17
No image

メッツ・青木宣親【写真:Getty Images】

メッツは連敗5でストップ

メッツの青木宣親外野手が16日(日本時間17日)の敵地ブレーブス戦で2本の二塁打を放ち、7-3の勝利に貢献した。メッツはこれで連敗を5で止めた。

青木はこの日、「1番・右翼」でスタメン出場。2-0と2点リードの3回先頭で迎えた第2打席で相手先発右腕ディッキーの2球目を捉え、右翼フェンス直撃の二塁打をマークした。続く二モーのタイムリー二塁打でチーム3点目のホームを踏むと、5-1と4点リードの7回先頭で迎えた第4打席では2番手右腕シムスから左中間へ二塁打。その後、1死一、二塁からスミスが走者一掃の2点二塁打を放ち、青木は6点目のホームを踏んだ。

今月2日(同3日)のアストロズ戦以来となる1番スタメン出場となった青木は今季15度目のマルチ安打で5打数2安打2得点の活躍。打率は.270となっている。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
楽天則本怒りの鉄拳、野茂以来快挙もCS決定もぶ然
TGS2017 コンパニオン100人撮り!【その3】
清宮が「世界」で通用しなかった理由
21年間の現役生活に幕 井口資仁の偉大な野球人生を振り返る
ヤクルト来季新監督に小川SD復帰へ  OB宮本氏がHC入閣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加