最新ランキングをチェックしよう
年金給付は80歳以降に? 平均寿命が3割伸びる米国に必要な社会保障とは

年金給付は80歳以降に? 平均寿命が3割伸びる米国に必要な社会保障とは

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2019/03/21

社会保障給付金の受給開始年齢を80歳にすべき、と言うとばかげていると思われるだろう。しかし、社会保障の歴史や、米国の現在の退職年齢が62歳であることにより生まれている社会的スティグマ(不名誉)を理解すれば、それほどばかげたものではない。米国で社会保障制度が制定されたのは1935年のことだ。その当時の平均寿命はわずか61.8歳で、社会保障の恩恵を受ける年齢になるまで生きている人はほんの一握りだった。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
超人気モデルがマクドナルドのポテト写真でインスタ炎上。その理由は?
新入社員がGW前に来なくなって...その理由に納得できる?
30代処女のロストバージン過激談! 「会社のトイレで......」「倉庫で騎乗位」
不倫を疑いGPSを仕掛けた妻。そのとき夫がとった対抗策は?
スプーンを飲み込んだ女性、緊急手術 その理由に“ゾッとした”衝撃の声殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加