ホンダ、SUV「ヴェゼル」をマイナーチェンジ デザイン進化、加速フィール向上

ホンダ、SUV「ヴェゼル」をマイナーチェンジ デザイン進化、加速フィール向上

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2018/02/15
No image

ホンダは、スポーツタイプ多目的車(SUV)「ヴェゼル」をマイナーチェンジし、2月16日に発売する。安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプで標準装備したほか、デザインのブラッシュアップ、加速フィールの向上などを図った。価格(税込)は207万5000円〜292万6000円。

HYBRID Z(プレミアムクリスタルレッド・メタリック)

マイナーチェンジでは、フロントのデザイン変更やインラインタイプのLEDヘッドライトの採用で先進感と力強さを表現。ボディーカラーは新開発色「オーロラアメジスト・メタリック」など3色を追加し、全8色を設定した。

インテリアでは、フロントシートの形状を刷新し、ステッチも変更することで、ホールド性と質感を向上させた。車載情報システムは「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応した。

ハイブリッドモデルは、「SPORT HYBRID i-DCD」にスムーズな加速フィールを実現するチューニングを施したほか、ブレーキペダルの改善でスムーズなブレーキフィールを実現しているという。

ミリ波レーダーと単眼カメラによる「Honda SENSING」の8機能を標準装備。自動ブレーキなど衝突回避支援に加え、車線の中央に沿った走行をステアリング制御でアシストする車線維持支援、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)などを備える。

制振材の追加やエンジンの改善で静粛性を高めた。ガソリンモデルの燃費は21.2キロ/リットル(JC08モード)に向上している。

ヴェゼルは2013年12月に発売し、今年1月までに31.1万台を販売する人気SUV。

HYBRID Z(プレミアムクリスタルレッド・メタリック)

No image

G(ミッドナイトブルービーム・メタリック)

No image

X・Honda SENSING(ルーセブラック・メタリック)

No image

RS・Honda SENSING(プラチナホワイト・パール)

No image

HYBRID X・Honda SENSING(ルナシルバー・メタリック)

No image

HYBRID Z・Honda SENSING(オーロラアメジスト・メタリック)

No image

HYBRID Z(ミッドナイトブルービーム・メタリック)

No image

RS インパネ

No image

RS インテリア

No image

HYBRID X インテリアイメージ

No image

HYBRID Z インパネ(ジャズブラウン)

No image

HYBRID Z インテリア(ジャズブラウン)

No image

HYBRID Z インテリアイメージ(ジャズブラウン)

No image

HYBRID Z LEDヘッドライト

No image

HYBRID Z LEDフォグライト

No image

HYBRID Z ラゲッジスペース(ジャズブラウン)

No image

プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー

No image

Honda インターナビ

No image

全ドアワンタッチ式パワーウインドウ

No image

プラチナクロームメッキ加飾

No image

プラチナクロームメッキ加飾

No image

RS専用LEDフォグライトガーニッシュ

No image

RS専用ボディロアガーニッシュ

No image

RS専用ドアミラークリスタルブラック

No image

エキパイフィニッシャー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ワタミ、客離れ終了で完全復活寸前...その「目立たない要因」、鳥貴族と真逆戦略
バフェット氏がIBM株を手放す、レイ・ダリオ氏は日本株をショート...気になる著名投資家の相次ぐ「変化」
新規免許取得者の半数がAT限定の日本で今「MT車ブーム」が起きている理由を考える
郊外から東京都心まで......閉店ラッシュの「TSUTAYA」、レンタル実店舗に未来はある?
売れ筋ダウンはモンクレールとユニクロ 両極端な消費動向
  • このエントリーをはてなブックマークに追加