クリスマスを楽しむ準備や工夫をする人は「積極的に」「ある程度」を合わせても◯割程度?!

クリスマスを楽しむ準備や工夫をする人は「積極的に」「ある程度」を合わせても◯割程度?!

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/12

今や日本の年末に欠かせないイベントとなったクリスマス。その習慣が浸透したのは戦前の昭和時代とも言われている。と言うのも、大正天皇が崩御したのが、ほかならぬ12月25日。当時の法律によってこの日が休日となり、これに合わせてクリスマスの習慣が一般の家庭にも広まったという説だ。
マイボイスコムでは、そんな『クリスマス・お正月の過ごし方』に関する通算13回目のインターネット調査を実施。その回答状況とデータ分析結果を公開した。

No image

まず昨年、クリスマスにちなんだことを行なった人は6割弱、男性5割、女性7割だった。男性は、「ふだんとあまり変わらない」の比率が高くなっている。行なったことは「クリスマスケーキを買う」が31.2%、「クリスマスプレゼントを贈る」「クリスマス料理・ごちそうを買う」「部屋にクリスマスらしい飾り付けをする」が2割前後。女性20~40代では「クリスマスプレゼントを贈る」、女性30・40代では「部屋にクリスマスらしい飾り付けをする」「クリスマスケーキを買う」が他の層よりやや高くなっている。

昨年クリスマスにちなんだ食事をしたかを聞いたところ、「クリスマスを意識したメニュー・料理を主に食べた」が33.3%、「クリスマスらしいメニューではないが、普段より豪華なもの・ごちそうを主に食べた」が17.3%だった。「普段とあまり変わらない食事・メニュー」は43.3%となっている。

「クリスマスを意識したメニュー・料理を主に食べた」は10代や女性若年層で比率が高く、女性20・30代では各5割弱です。「普段とあまり変わらない食事・メニュー」は高年代層で比率が高く、男性50代以上では5割強だった。

昨年クリスマスパーティーをした人は約35%、10代は6割弱、女性20~30代では5割強、50代以上では3割弱となっている。「家族や親戚とのパーティー(小学生以下の子どもを含む)」「家族や親戚とのパーティー(小学生以下の子どもは含まない)」が各1割強。「家族や親戚とのパーティー(小学生以下の子どもを含む)」は、男性30代や女性30・40代で2割~3割となっている。

クリスマスを楽しむ準備や工夫をする人は、「積極的に」「ある程度」を合わせて2割強。女性や若年層で比率が高く、女性20・30代では4割を超える。「普段とあまり変わらず過ごす」は46.1%、「クリスマスの雰囲気を味わう程度」は29.6%となった。

No image

■調査概要
調査対象/「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法/インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期/2017年01月01日~01月05日
回答者数/1万1134名

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「どこに駐車したか忘れちゃった!」→20年後に発見...出てきた場所は?
ダイソーに最強のホッチキス現る 中綴じが簡単すぎて快感すら覚える...
篠崎愛、セクシーインスタ公開!なぜか韓国で爆発的な人気に!
1日1回のオーガズムで医者いらず!実は、女性の万能薬
【心理テスト】この絵、何に見える? 答えでわかる恋人ができる時期
  • このエントリーをはてなブックマークに追加