富岡八幡宮宮司の女性ら日本刀で刺され3人死亡

富岡八幡宮宮司の女性ら日本刀で刺され3人死亡

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/08
No image

動画を見る(元記事へ)

東京・江東区にある富岡八幡宮の宮司の女性らが襲われ、2人が死亡、1人が重傷を負いました。襲ったのは宮司の弟で、その後に自殺を図り死亡しました。

7日午後8時半前、江東区富岡で、富岡八幡宮の宮司の富岡長子さん(58)が車から降りた直後、近くに隠れていた弟の茂永容疑者(56)に日本刀で刺されました。長子さんは胸などを刺され、病院に運ばれましたが死亡しました。車を運転していた男性(33)はその場から逃げましたが、茂永容疑者と一緒にいた30代くらいの女に追い掛けられて日本刀で腕を切られ重傷です。その後、茂永容疑者は30代くらいの女を刃物で刺した後、自らの胸を刺し、自殺を図ったということです。茂永容疑者と女は病院に搬送されましたが死亡しました。
殺害された長子さんと親交がある柿沢未途衆院議員:「(神社の関係者から)もしかしたら被害者は長子宮司かもしれないと聞いた。富岡八幡宮が神社本庁から離脱するとかニュースで取り沙汰されてましたから。長子宮司はどっしり構えていたので、身の危険が迫っている雰囲気はなかった」
長子さんと茂永容疑者は、過去に宮司の職を巡ってトラブルがあったとみられていて、警視庁が殺人事件として捜査しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
在韓邦人退避に陸自ヘリ 釜山-対馬ピストン輸送 北朝鮮有事を想定した政府計画
薬物依存ぶりが明らかになった清水良太郎
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
来年3月デビュー!小田急の新型ロマンスカーの展望席はプラチナチケット化必至
真冬並みの寒さの日曜日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加