ホークス東浜が“実戦モード”155球! コーチ太鼓判「手元でグッと来ていた」

ホークス東浜が“実戦モード”155球! コーチ太鼓判「手元でグッと来ていた」

  • フルカウント
  • 更新日:2018/02/13
No image

ブルペンで投げ込みを行ったソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】

東浜「いろんな想定で投げられたし、内容は濃かった」

ソフトバンクの東浜巨が13日、ブルペンで“実戦モード”の投球を披露。100球を超えてから捕手にサインを出してもらい、高村投手コーチを打席に打立たせて55球を投げ込んだ。

ブルペンでいつも通りに投げ込んでいた東浜が、球を受けていた九鬼隆平に声をかけた。指の1本ずつ立てながら「これがストレート、これがカーブ」と即席のサイン決めだ。

その後は高村コーチに左右の打席に立ってもらい、ボールカウントや走者のあるなしを想定しながら丁寧に投げていった。途中で捕手が変わって実戦モードは変わることなく続いた。「100球いってからサインを出してもらおうと思っていた。いろんな想定で投げられたし、今日の内容は濃かったと思う」。

「まだまだ改善していくところはある」と常に高いレベルを求めるのもシーズンで打者を「より抑えるため」だと語る。捕手にサインを出してもらいながら「全球種を投げた。まだバラバラですけどね」という東浜だが「順調にきていると思います」と第3クールまでの投球を振り返る。

打席で球を見た高村コーチも「手元でグッと来ていた。順調に来ている」と太鼓判を押した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【隠しマイク】中日・谷元 一本足打法は「王さんじゃなくて...」
早くも4番・サード。安田尚憲の「ミスターロッテ」への道がはじまる
2月21日(水)【 神々の子育て占い 】
小平奈緒の“つくりおき料理”がすごい!金メダルボディの秘訣
小平の謎のカラフル帽の正体判明...オランダ流の祝福
  • このエントリーをはてなブックマークに追加