クライマー野口啓代の目に涙。五輪内定でライバルも認めた「すごみ」

クライマー野口啓代の目に涙。五輪内定でライバルも認めた「すごみ」

  • Sportiva
  • 更新日:2019/08/22

東京五輪での競技生活の大団円に向けて、野口啓代(あきよ)が最大の難関を通過した。 クライミング世界選手権は8月20日に女子コンバインド決勝が行なわれ、ヤーニャ・ガンブレット(スロベニア)が2連覇を達成。日本代表は野口がスピード7位、ボルダー1位、リード3位で総合2位となって、「日本代表のなかで世界選手権のコンバインド7位以内になった最上位選手」という条件をクリアし、東京五輪の日本代表に内定した。東

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加