諫早湾の開門巡り 国が100億円の基金案

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/11/30

諫早湾の開門を巡る問題で、国は30日、開門を求める漁業者と和解を進めるため、100億円の「基金」をつくる案を長崎地裁に提出した。

諫早湾の干拓事業を巡っては、長崎地裁からの和解勧告を受け、これまで、事業主である国と開門を求める漁業者側、反対する農業者側などとの間で協議が続けられてきた。

国は今年5月、開門しないことに代わる策として、漁業振興のための「基金」を創設することを提案していたが、30日、基金の具体案を長崎地裁に提出した。「基金」の規模は100億円で、長崎、佐賀、福岡、熊本の4県と各県の漁業団体が、基金を管理する一般社団法人を設立し、水産資源の回復や漁業の振興事業などに充てていくという。

来月12日には次の和解協議が予定されているが、国は今後、関係者の理解を求めていきたい考え。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2歳女児 一夜明け無事保護「よかったよかった」
ASKA「尿検査要請に妻が激怒...」明かされた“緊迫の捜査現場”
病院で男が女性看護師を刺す 岩手・大船渡市
「鉄の女」小池百合子の度肝を抜く「素顔」...絶体絶命の大博打に勝ち続けた天才政治家
【報ステ】新潟・避難児童いじめ 担任が「嘘」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加