阿武咲「あこがれの存在」稀勢の里との勝負は一瞬で...「考えと違った」

阿武咲「あこがれの存在」稀勢の里との勝負は一瞬で...「考えと違った」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/13

◇大相撲九州場所2日目(2017年11月13日 福岡国際センター)

No image

阿武咲(右)を突き落としで下す稀勢の里

阿武咲は立ち合いで当たった直後にバッタリと両手を付きいてしまった。「あこがれの存在」と言い切る稀勢の里との勝負は一瞬で終わった。

左差しが得意な横綱に対抗しようと右脇を固めていったが「考えと違った。(左を)おっつけられて」と、予想外の展開で勝負あり。慌てたためが、出そうとした右足も「滑った感じ」と踏ん張ることもできなかった。不完全燃焼に苦笑いも「あしたです」と、気持ちの切り替えを強調した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
横綱・日馬富士の暴行事件、相撲協会と”提訴を強行した”貴乃花の対立構図に
日馬富士のブチ切れの“瞬間”を飲食店関係者が証言 鳥取の歓楽街は「あの殺人事件以来の大騒ぎ」
ビートたけしが目撃した相撲部屋の実状を激白 「大鵬も半端じゃないと言ってた」
豪栄道、痛恨の3敗目=雪辱の場所、賜杯遠のく-大相撲九州場所
大関豪栄道が3敗目 御嶽海は年6場所勝ち越しまで残り2勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加