クレディセゾンがパートら正社員化 対象2200人

クレディセゾンがパートら正社員化 対象2200人

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/16
No image

動画を見る(元記事へ)

クレジットカード大手のクレディセゾンは、16日からすべての従業員を「正社員」にします。

クレディセゾンの従業員約4000人のうち、半数の2200人がコールセンターや本社で事務として働く非正規社員ですが、16日から給与体系や福利厚生など、すべてを正社員と同じ待遇にします。これまで、ボーナスのないパート社員の年収は平均で200万円から300万円でしたが、正社員になることで昇格するチャンスも生まれ、将来的には年収が1000万円以上に増える可能性もあります。
パート社員:「今までゼロだった賞与とか、退職金が新たに加わるのは大変助かります」「正社員になることで、他のことにも自らチャレンジできるようになるのではないかなと」
会社としてはコストが数億円増えますが、既存のカードビジネスだけでは生き残りが難しい状況のなかで、雇用形態に関わらず、能力のある人を自由に使える仕組みが必要だと考えました。
クレディセゾン、戦略人事部・松本憲太郎部長:「全員に活躍のチャンスがあって、それを自由に柔軟にフォーメーションを組める状態が一番良いのかなと。固定的な雇用形態だと戦略の変更も難しいですし、そういうチャンスが多い会社だと思って、人材が集まるのも期待しています」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トイザらスを破滅させた「アマゾンとの10年契約」
驚異の12分間回転――「ハンドスピナー」開発にアツくなる企業の正体
トヨタが最も遅れている? 世界は電気自動車へシフトなのに...
「もはや中古家具店」大塚家具、経営危機の内幕...久美子改革が完全失敗、経営陣一掃は必須
有利子負債15兆円 ソフトバンクの行く末
  • このエントリーをはてなブックマークに追加