ヘアバームの正しい使い方とは?

ヘアバームの正しい使い方とは?

  • 頭美人
  • 更新日:2019/04/15
No image

ヘアバームの正しい使い方とは?

ヘアバームとは

今までのヘアクリームやワックスと違い、ホホバ油やイブニングプリムローズ油などのオーガニック成分(ミツロウなどの天然脂質のみ)を原料として作られた半固形状のものです。

見た目は、ワックスに似ていますが、スキンケアもできるという点に違いがあります。

髪の毛の保護やスタイリング剤として使用されますが、その他のスタイリング剤より保湿力が非常に高いので、髪がぱさついてしまう乾燥する季節にも重宝します。

手に残ったバームは、ハンドクリームの役割もしてくれるという優れモノです。

ただ、ヘアバームは高温になると形状が液化してしまう可能性がありますので、保管場所に注意が必要です。

どのように使うのか

まず、手のひらにバームをのせ、温めます。

バームは半固形状になっていますので、適量を手に取り、温めながら手のひらに伸ばしていきます。

バームが伸びて馴染みやすくなったら、髪に塗布していきます。

次に手元から毛先まで揉みこむようにしっかり馴染ませていきます。

ワックスの場合、ワックスが頭皮に付いてしまうと荒れてしまうことがあります。

バームは、天然成分で作られており、刺激もほとんどありませんので、根元から毛先までしっかり馴染ませていきましょう。

その後、自分が思うように自由にスタイリングしてみてください。

バームの特徴は、日常的にトリートメント効果が期待できることと、軽くて自然な整髪力です。

デメリットとしては、ワックスほどの整髪力がないこと、オイルなので手を洗うのが大変という点が挙げられます。

どのようなヘアスタイルの人にオススメか

基本的に、どのようなヘアスタイルにも使えますが、特に動きのあるパーマをかけているヘアスタイルの方におすすめです。

ムースでスタイリングすると、ウェット感が無いので少し昔の雰囲気になってしまいがちです。

バームを付けることで、ウエット感や束感が表現できるので、トレンドなスタイルに仕上がります。

ショートの方が、自然な動きとウエットな質感に挑戦したい時にもおすすめです。
いつもと違ったニュアンスが出せます。

正しい使い方で、効果的に使ってみてくださいね!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“なりたい顔No.1”森絵梨佳、美肌の秘訣明かす
『エスティ ローダー』や『コスメデコルテ』など「スペシャルな日に使うべき神シートマスク」4選♡
30日間お試し! ヨーグルト、甘酒、サバ缶、みそ汁を食べ続けたら肌はどこまで変わる!?
偏光パールに一目惚れ。 1本で3役こなす「ネイル」が超できる子だった。
古くさく見える“危険な髪型”3選。デカ団子、盛り髪...今っぽく変えるには?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加