カワイイだけじゃない!ちゃんと使えるミニサイズ雑貨5選

カワイイだけじゃない!ちゃんと使えるミニサイズ雑貨5選

  • @DIME
  • 更新日:2017/10/12

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

今回紹介するモノたちは、いずれも私たちの感覚から小さすぎてミニチュアの玩具かと思ってしまうモノたちばかりだ。しかし、驚くのはそれらがいずれもちゃんと使用できるという点だ。もちろん、通常サイズのモノと全く同じようには使える訳ではないモノも中にはあるが、それでも最低限の実用性は確保している。携帯する持ち物が多くて、少しでもサイズを抑えたい人は是非参考にしてもらいたい。

■肩肘張らないお金のやりとりに使いたい祝儀袋

No image
No image

借りたお金の受け渡しや、立て替えてもらったお金の受け渡しなど、生活の中でお金をやりとりすることは少なくない。しかし、やりとりするものがお金だけに、どこか緊張感というかよそよそしさが漂うのもまた事実だ。そんな時に活躍してくれそうなのがこの『ミニ 祝儀袋 真〆』である。この祝儀袋、なんと名刺よりコンパクトなサイズなのでまず可愛い。しかも祝儀袋メーカーが作った製品ということで(変な表現だが)ちゃんと祝儀袋をしている。肝心のお金の方は、4つ折りにすればちゃんとお札も入れることができる。価格は税抜き300円。吉祥寺の文具店「Sublo」のオンラインショップから購入することができる。

■荷物の配送をする際のサイズ確認にサッと取り出せる折れ尺

No image
No image

私事だが、最近になってスマホのフリーマーケットアプリで不要になったモノの販売を始めた。モノが売れると当然、購入者の方に商品を配送しないといけないわけだが、荷物のサイズが判らないと郵便局の窓口にいってみて初めて送料が判明する、ということになり地味に不便だ。そんな時に、こんなミニサイズの折れ尺があるとかなり助かる。この『折れ尺 キーホルダー』、名前が示す通り折れ尺がキーホルダーになったもので、カバンや鍵と組み合わせて携帯することができる。しかも伸ばすと最大50cmまで測ることができるので、小包を送るくらいなら十分に対応できるだろう。カラーバリエーションはブラック、ホワイト、イエローの3色。価格は税抜き550円。こちらも吉祥寺の文具店「Sublo」のオンラインショップから購入することができる。

■洗練されたフォルムが単なる調理器具には見えないおろし金

No image
No image

自分の生活を振り返った際に、「その製品の一部分の機能しか使用しない」ということがあると思う。多機能を謳っている製品を購入したが、そもそも自分が使いたいのはその一部分、ということである。このおろし金『Oros grater』もどうやらそのような背景から生まれた製品のようだ。おろし金というと一般には大根のようなサイズの野菜をおろすことを想像するが、中にはわさびや生姜しかおろすことのない人もいるだろう。そんな人には是非こちらの『Oros grater』をお勧めしたいものだ。緩やかにしなった手のひらサイズの本体は、収納棚の中でも場所を取らないし、そのままテーブルに置いておいても美しいデザインをしている。価格は税抜き2,000円。楽天市場から購入することが可能だ。

■小さいからこそ隅々の福まで掻き出せる(?)熊手

No image
No image

年末によく見かける縁起物の熊手。この形の意味するところは「小さな福までもその手で掻きだす」というものである。この『福招きまめ熊手』は、その熊手を手のひらサイズにしたミニチュア版だ。自宅だけでなく、スペースの限られたオフィスのデスクにも飾れそうなサイズである。使われている素材は本体部分が竹、モチーフ部分は石膏となっており、ちゃんと鈴まで付いている。出店で見かける熊手のような華々しさはないものの、逆に可愛らしさや愛おしさを感じる熊手となっている。モチーフのバリエーションは全部で4つあり各々、招き猫、だるま、犬張子、酉となっている。価格は税抜き600円。購入は楽天市場から可能だ。

■使わないシーンが大半だからこそ、サイズは抑えた携帯型ロック

No image
No image
No image

荷物をどこかに固定する、というシーンは海外でも国内でも行う行動だ。海外に出かける際は、空港に滞在中している際に荷物をベンチに固定するし、宿泊先に日中残しておく荷物を家具と固定したりもする。国内においても、自転車をポールに固定したりと荷物を固定する場面は発生する。この『Safe+ Microlock』は直径わずか4cmのコンパクトサイズのロック。「南京錠の方がもっと小さいではないか」という意見も聞こえてきそうだが、『Safe+ Microlock』の方は巻き取られたワイヤー(全長66cm)を含めてのサイズである。また、2桁の暗証を使用して開閉を行うので鍵を紛失する心配もない。ワイヤー内蔵式のロックは私も使用しているが、同タイプのロックでこのサイズは驚異的である。海外のサイト「Unikia」では18.69ドル(約2,000円)で販売されていたが、残念ながら現時点では品切れとなっているようだ。

text/Wataru KOUCHI

趣味は合唱、読書、語学、旅行、美術館巡り、雑貨屋探索etc...日本、海外の雑貨やガジェット、デザインコンセプトの中から思わず「それ、いただき!」と言ってしまうモノ達を紹介するライター。

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
免許を持っていてもバイクに乗らない人が増えている理由
地元のラーメン屋さんの正直な休業理由にネット民「正直で良い!」
ニトリの”地味にスゴい”グッズ5選。室内干しや収納で活躍!
「秋に行きたくない都道府県」はどこ? 1位の県が意外すぎる
【衝撃の結末】17才少女が iPhone8 欲しさに「初夜を売ります」→ ホテルには3人の男が! 恐怖した少女の身に何が...カメラが全てをとらえていた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加