最新ランキングをチェックしよう
ハリルJ、7-2の試合で見えた収穫と課題。主力抜きでの破壊力と“20年遅れ”の守備戦術

ハリルJ、7-2の試合で見えた収穫と課題。主力抜きでの破壊力と“20年遅れ”の守備戦術

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/06/05

ブルガリアに快勝したハリルジャパン【写真:Getty Images】
コンパクトなだけだった守備 ディフェンスラインを高くキープし、全体をコンパクトにして守る。ハリルホジッチ監督の考え方がチームに浸透してきた。大量7得点で収穫の多い試合だったが、実はネガティブなところもある。まずはそちらから触れてみたい。 ブルガリア戦での日本の守備戦術は20年近く遅れている。 ハイラインをキープした...

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハンド女子「おりひめジャパン」世界選手権へ渡欧
1、2年生台頭の広島皆実が「心を一つに」5連覇達成!08年度以来の全国王座奪還へ:広島
[MOM491]京都産業大FW高橋佳(3年)_指揮官も期待寄せる、努力怠らないハードワーカー
稀代のドリブラー、本山雅志をも唸らせた「オノシンジの超絶技巧」
<野球>韓国、日本に惨敗も「得るものあった」と前向き=韓国ネット「日本がうまくやったのではなく...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加