最新ランキングをチェックしよう
ハリルJ、7-2の試合で見えた収穫と課題。主力抜きでの破壊力と“20年遅れ”の守備戦術

ハリルJ、7-2の試合で見えた収穫と課題。主力抜きでの破壊力と“20年遅れ”の守備戦術

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/06/05

ブルガリアに快勝したハリルジャパン【写真:Getty Images】
コンパクトなだけだった守備 ディフェンスラインを高くキープし、全体をコンパクトにして守る。ハリルホジッチ監督の考え方がチームに浸透してきた。大量7得点で収穫の多い試合だったが、実はネガティブなところもある。まずはそちらから触れてみたい。 ブルガリア戦での日本の守備戦術は20年近く遅れている。 ハイラインをキープした...

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高校サッカー育ちのAリーガー。日豪ハーフの20歳、コナー・オトゥールの人生を変えた出会い
サーフィン五十嵐カノア18年強化指定に内定
FC東京、Jリーグアジアチャレンジに向け「100%の力を出す」
森保ジャパン、送り込んだ選手を信じた指揮官と期待に応えた選手たち
青学原監督カヌー薬物混入は「論外」 「日本人の真面目さ勤勉さ否定する行為」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加