最新ランキングをチェックしよう
ハリルJ、7-2の試合で見えた収穫と課題。主力抜きでの破壊力と“20年遅れ”の守備戦術

ハリルJ、7-2の試合で見えた収穫と課題。主力抜きでの破壊力と“20年遅れ”の守備戦術

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/06/05

ブルガリアに快勝したハリルジャパン【写真:Getty Images】
コンパクトなだけだった守備 ディフェンスラインを高くキープし、全体をコンパクトにして守る。ハリルホジッチ監督の考え方がチームに浸透してきた。大量7得点で収穫の多い試合だったが、実はネガティブなところもある。まずはそちらから触れてみたい。 ブルガリア戦での日本の守備戦術は20年近く遅れている。 ハイラインをキープした...

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「自分も早くそこに」...理想と現実の狭間で南野拓実が目指す大舞台
U-17日本代表にも名を連ねる、メイド・イン・ガンバの“最新”傑作
「ちょっとランクが違う」。酒井宏樹が実感する“本田圭佑の凄み”
本田パチューカデビューは8月中旬にズレ込み...早くて13日、遅くとも26日か
なでしこMF阪口、米国遠征へ「新メンバーに期待」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加