手元のスマートフォンは数分間使わなければ自動的に画面がロックされる...

  • 西日本新聞
  • 更新日:2018/07/02

手元のスマートフォンは数分間使わなければ自動的に画面がロックされる。操作を再開するにはロックの解除が必要だ。暗証番号を入力してもいいが、便利なのは指紋認証

▼指紋を登録しておけば、ボタンを指で触るだけで本人と確認してくれる。最近はスマホのカメラに顔を向けたり、声を掛けたりするだけで、持ち主を認識する機種もあるようだ

▼この技術は応用できるのでは。交番が襲われ、警察官から奪った拳銃が無関係の民間人の殺害に使われた富山市の事件である。交番や駐在所を安全のよりどころと信頼している市民の衝撃は大きい

▼市民を守るために所持を許されている拳銃が、市民の命を奪う道具になるなど、あってはならない。だが、警察官が拳銃を奪われる事件は2013年以降、今回で7件目となった。福岡県内でも昨年10月、ショッピングセンターで男が警察官の拳銃を奪い、発砲する事件が起きた

▼交番の警察官は拳銃と腰のベルトをひもで結んでいる。富山の犯人は準備した刃物でひもを切って拳銃を持ち去ったようだ。警察当局も、ひもを強くしたり、本人以外は拳銃を引き抜きにくいようケースの改良を進めたりしているという

▼技術的な課題はよく分からないが、指紋認証などの技術を使い本人以外は引き金を引けない装置は作れないか。市民の生命と安全に関わる問題だ。スマホにできるのなら拳銃でも、と思ってしまう。

=2018/07/02付 西日本新聞朝刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
生後2か月の赤ちゃん、救急車の中に閉じ込められ死亡(印)
ロシア情報戦の内情とは:専門家らが国際ジャーナリズム祭で議論
動画:殺人容疑者追跡中のポリスメンがパトカーのフロントガラス越しに発砲 アメリカアアアア!
スコッチ・ウイスキーはなぜシェリー酒の樽を使って熟成するようになったのか?
少女暴行の被告人が被害者の家族などから“暴行”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加