最新ランキングをチェックしよう
ドラフト候補の明大・柳、奪三振で佑ちゃん抜くも撃沈 星も決勝点許す

ドラフト候補の明大・柳、奪三振で佑ちゃん抜くも撃沈 星も決勝点許す

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/20

「東京六大学野球、早大5-4明大」(18日、神宮球場) 明大が早大に逆転負けした。先発したドラフト1位候補右腕・柳裕也投手(4年・横浜)が5三振を奪って通算326奪三振とし、早大・斎藤佑樹(現日本ハム)を抜いて歴代10位となったが、四回途中8安打4失点で降板。救援したドラフト候補右腕の星知弥投手(4年・宇都宮工)が決勝点を許した。勝ち点3を挙げている明大、慶大、早大、立大の4チームに優勝の可能性が

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
侍の代償...秋山、右足小指にヒビ 開幕戦出場に暗雲
西武秋山骨折隠しWBC出場 辻監督「気が気で...」
WBC人気はプロ野球人気になるか センバツはあおりを受けたが
阪神スカウト陣、早実・清宮を大絶賛!和田SA「レベル抜けている」
ソフトB「ポスト森福」争い決着 工藤監督が評価、競争を勝ち抜いたのは...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加