米国が18年末でユネスコ脱退 「反イスラエル的な偏見」理由に

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/13

米国務省は2017年10月12日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から脱退すると発表した。脱退後は正式な加盟国ではない「常任オブサーバー」に就任し、引き続きユネスコに関与する考え。

国務省は、脱退の背景にはユネスコの停滞と「反イスラエル的な偏見」、根本的な組織改革の必要性への懸念があると説明している。ユネスコの規定により、実際に米国が脱退するのは18年末で、それまでは加盟国として活動する。イスラエルも同時に脱退を表明している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
政権批判受け皿なれず=共産【17衆院選】
「人間の顔した獣発見」と騒動
【盗撮事件】民泊に宿泊したカップルがベッドに向けられた「隠しカメラ」を発見 → 宿主は逮捕
揺れるスペイン、カタルーニャ州「独立」なら現市長を死刑宣告
衆院選、安倍首相の自民党が圧勝 改憲発議可能に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加