日本文理主将の笠原 今大会で勇退の大井監督と「1日でも長く一緒に野球がしたい」

日本文理主将の笠原 今大会で勇退の大井監督と「1日でも長く一緒に野球がしたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

◇第99回全国高校野球選手権大会第5日 日本文理9―5鳴門渦潮(2017年8月12日 甲子園)

No image

<鳴門渦潮・日本文理>整列する大井監督(右)と日本文理ナイン

日本文理が初回、2回に2本塁打など長打攻勢で7得点。反撃を5点に抑え逃げ切った。

今大会で退任が決まっている大井道夫監督(75)は「選手がね、監督に勝利をプレゼントするんだと頑張ってくれてね。うれしいねえ。監督冥利に尽きるよ」とお立ち台で笑顔で話した。

2ランを放った主将の笠原は「怒ったら止まらないけど、ぼくたちのことを一番に考えてくれる監督。1日でも長く一緒に野球がしたいと思ってます」と必勝宣言。次の相手は仙台育英。「力は相手が上。いいゲームをしたい」と話し、長い夏へ意欲を口にしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“投手の打球とは思えない”本塁打 阪神・秋山拓巳は“投手最強の左打者”
8強出揃う!盛岡大付・植田2発!広陵・中村V弾
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
盛岡大付3番植田2打席連発、両軍5発の乱打戦制す
清水の美女チアリーダー『オレンジウェーブ』を一挙に紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加