添田 勝って日本2連勝 デ杯ワールドグループ残留に王手

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

男子テニス国別対抗戦デビス杯のワールドグループ入れ替え戦、日本―ブラジルのシングルス第2試合は、添田豪(33=GODAI)がチアゴ・モンテイロ(23)を3―6、6―4、6―3、6―7、6―4のフルセットで破った。

第4セットの5―4からサービスゲームを落としてタイブレークで競り負け、最終セットも5―3からブレークを許した。何度も決着のチャンスを逃す嫌な流れで踏ん張り、第10ゲームで相手のサービスゲームを破って3時間41分の激闘に終止符を打った。ホームの声援を背に相手チームのNo.1を破った添田は「いい試合ができてよかった」と胸をなで下ろし、岩渕聡監督も「選手が強い気持ちで戦ってくれた」と喜んだ。第1試合の杉田に続く連勝で2勝0敗となり、日本はワールドグループ残留に王手を懸けた。

16日は内山靖崇(北日本物産)、マクラクラン勉(フリー)―メロ、ソアレスのダブルス1試合が予定されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ムグルッサ、ウォズニアッキら4強が出揃う [東レPPO]
二宮真琴/ボラコバはガブリロワ/カサキナに競り負け決勝進出ならず [東レPPO]
コンタ 東レPPOへ意気込み
奥原、山口ら8強入り=ジャパン・オープン-バドミントン
奥原希望4強、疲労で「体に痛み」も入念ケアで快勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加