マリナーズ、エンゼルス 大谷獲得へ向けラストスパート トレードで資金増

マリナーズ、エンゼルス 大谷獲得へ向けラストスパート トレードで資金増

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/07

マリナーズとエンゼルスは6日、ツインズとの交換トレードでマイナー選手を放出し、代わりに日本ハム・大谷翔平に使える契約金の枠を得た。

No image

大谷翔平 (AP)

大谷のメジャー移籍に関しては、労使協定により契約金が制限されており、現時点での最大額はレンジャーズの353万5000ドル(約4億円)。今回のトレードでマリナーズは255万7500ドル(約2億9000万円)、エンゼルスは231万5000ドル(約2億6000万円)まで増額させた。

注目される大谷の移籍先は7球団に絞られ、ア・リーグではマリナーズ、エンゼルス、レンジャーズ、ナ・リーグではジャイアンツ、カブス、パドレス、ドジャースが候補に挙げられ、大谷は同日までに全球団との面談を済ませている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】ドジャースがオリ平野の獲得に興味 米記者「ブルペン補強のターゲット」
【MLB】驚愕の“体ごと柵越えキャッチ”越える!? 名手が語るキャリア最高の美技とは
【MLB】ダルビッシュの移籍先は...古巣2球団と継続交渉も立ちはだかる“長期契約”の壁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加