米格付機関、テザーの危険性を警告【フィスコ・ビットコインニュース】

米格付機関、テザーの危険性を警告【フィスコ・ビットコインニュース】

  • FISCO
  • 更新日:2018/02/15
No image

株式会社フィスコ

米大手独立系格付機関のワイスレーティングは12日、投資家に対し仮想通貨テザー(USTD)の危険性を警告した。

テザーはレートが米ドルに固定されているのが特徴であるが、発行元のテザー社が裏付けとなるドル資産を十分に所有していないとの疑惑が浮上している。ワイスレーティングのアナリスト、ホアン・ヴィッラヴェルデ氏は、テザー社がテザー発行量に相当するドルを所有している証拠を示したことがないことに加え、監査を受けていないことを重大な問題だと捉えているという認識を示した。

テザーは多くの取引所で基軸通貨として採用されており、ビットコイン、イーサリアムに次いで取引量が3番目に多い仮想通貨だという。ヴィッラヴェルデ氏は、どこかの国の政府がテザーの発行を禁じた場合、取引所の機能停止や市場価格の急落が生じる可能性があり、投資家に大きな影響を与えるという見方を示した。対応策として、仮想通貨を取引所(特にテザーを使用する取引所)に預けたままにしない、テザーの取引を避けるなどを挙げた。

現在、米商品先物取引委員会(CFTC)がテザー社と仮想通貨交換会社ビットフィネックスに対し不正の疑いがあるとして調査を行っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日産と三菱自、仏国内へ製造移転シナリオ...ゴーン氏が仏政府に「売る」可能性
海外企業の輸入サポートから宅配まで一気通貫するサービス開始
春節連休期間中、中国全土で延べ3億8600万人の観光客受け入れ―中国メディア
感情的な仮想通貨「批判」の罪...銀行を脅かすほどの「潜在力」、制度を育成すべき
Honeys購入品で2コーデ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加