小池知事、政党復活予算は「終了とさせていただく」 所信表明で表明

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/12/01

小池百合子都知事は2016年12月1日の所信表明で、予算原案にない事業などを都議会の要望を受けて復活させる「政党復活予算」について、「仕組みは終了とさせていただく」と明言した。

小池氏は都政改革の要は「情報公開の徹底」だとし、

「来年度予算案の編成では都議会や各種団体からの意見や要望をオープンな場で伺うことで都民の声を最大限反映させ、都政の『見える化』を推し進める」

などと述べた。

政党復活予算は都議会独自の仕組みで、予算原案から漏れた事業を復活させるための措置として毎年200億円規模の財源が確保されていた。小池知事は11月25日の記者会見で「予算編成権は知事のほうにある」などとして廃止の方針を表明し、都議会自民党などから反発を受けていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「安倍首相は南京にも行きますか?」=記者からの質問に稲田防衛相は...―中国メディア
議論忘れた民進党に国会の議席は不要
蓮舫氏、党首討論に初登場へ「カジノ法案」など追及
応援の区議除名処分決定、小池氏「私はまだ処分されていません」
【報ステ】小池知事を応援した7人除名処分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加