最新ランキングをチェックしよう
“おかわり2世”山川穂高が本家を超えるとき...

“おかわり2世”山川穂高が本家を超えるとき...

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/11/18

山川穂高

◆ 国際舞台でも躍動
  稲葉ジャパンが劇的なサヨナラ勝利で初陣を飾った。11月16日に開催された「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の韓国戦は、3回に1点を先制するも直後に4点を奪われて逆転を許す苦しい展開。その空気を一変させたのが、主砲・山川穂高(西武)だ。
 6回、左前打で出塁した近藤健介(日本ハム)を一塁に置いて迎えた第3打席。初球を思い切り振り抜いた。代名詞

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
慰安婦財団解散:日本から断交の必要はないが、我慢の限界あり
「銃で撃たれたことがある人に質問...映画が教えてくれないことは何ですか?」体験談いろいろ
【大差】1000人に聞いた平成で最も輝いていた芸能人「SMAP」「明石家さんま」「ダウンタウン」を抑えて1位になったのは納得のあの人!
Steamオータムセールがスタート!―2018年版「Steamアワード」も開催
夢みるアドレセンス  とびっきり笑顔が可愛いビジュアルを公開!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加