最新ランキングをチェックしよう
“おかわり2世”山川穂高が本家を超えるとき...

“おかわり2世”山川穂高が本家を超えるとき...

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/11/18

山川穂高

◆ 国際舞台でも躍動
  稲葉ジャパンが劇的なサヨナラ勝利で初陣を飾った。11月16日に開催された「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の韓国戦は、3回に1点を先制するも直後に4点を奪われて逆転を許す苦しい展開。その空気を一変させたのが、主砲・山川穂高(西武)だ。
 6回、左前打で出塁した近藤健介(日本ハム)を一塁に置いて迎えた第3打席。初球を思い切り振り抜いた。代名詞

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
日大の危険タックル選手が会見、宮川泰介選手は内田前監督の高校の後輩/アメフット
【極秘グルメ】ドラマ「孤独のグルメ」撮影が3日前に中止になった激ウマとんかつ屋 / 波止場のヤミ豚
佐藤仁美を激怒させた「わがまま女優」は佐藤江梨子で確定!? 急に“攻撃”し始めたワケは......
「1クオーター目から潰せ」 日大・宮川泰介選手が会見、反則タックルは内田前監督と井上コーチの指示と告発
“整形級メーク”ゆにばーす・はら、新作公開 大きさ3倍以上の愛されデカ目に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加