最新ランキングをチェックしよう
ナチス戦犯、2001年にシリアで死亡 仏誌

ナチス戦犯、2001年にシリアで死亡 仏誌

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/01/12

オーストリア出身のナチス・ドイツ戦犯、アロイス・ブルンナー(撮影日・場所ともに不明)。
【AFP】フランスの雑誌「XXI」は11日、第2次世界大戦に13万人のユダヤ人殺害に関与していたとされる元ナチス・ドイツ親衛隊幹部、アロイス・ブルンナーについて、幽閉されていたシリアの首都ダマスカスの集合住宅の地下室で2001年に、89歳で死亡していたとする記事を発表した。 記事の内容はナチスによるホロコースト

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DV事件の現場で警官も仰天 被害者男性のアレが床に転がり落ちる(米)
キャサリン妃、華やかカールの新ヘアスタイルを披露!
中国電子商取引最大手アリババの「偽物対策」とは?―中国メディア
トランプ氏とオバマ氏の就任演説比較から見えるもの
トランプ政権は短命?「イングランド銀行をつぶした男」と「オマハの賢人」の異なる見解
  • このエントリーをはてなブックマークに追加