鉄粉でもデータ改ざん 神戸製鋼所が発表

鉄粉でもデータ改ざん 神戸製鋼所が発表

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/12
No image

動画を見る(元記事へ)

アルミや銅製品のデータ改ざんが判明した神戸製鋼所が、車の部品などに使われる鉄粉についてもデータを改ざんしていたと発表しました。

神戸製鋼所経営企画部・宮岡伸司担当部長:「検査データを書き換えして出荷していた」
神戸製鋼によりますと、顧客との間で取り決めた条件に合わせて鉄粉の検査データを書き換えていました。改ざんをしていた工場「高砂製作所」の鉄粉は、自動車の部品などに使われていました。神戸製鋼は、調査をさらに進めるとしています。また、子会社では光ディスクに膜を張る合金のデータが改ざんされていたほか、検査をしていない製品を出荷していたことも明らかになりました。神戸製鋼は「今のところ、問題は確認されていないが、安全性に疑いが生じた場合は適切に対応する」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ギネス世界記録樹立! 時速3546キロの鉄道模型を作った男【前編】
デザインに凝ったマツダの新型車「CX-8」、一足先に六本木へ降臨(写真199枚)
【東京モーターショー2017】スズキが提案する未来のコンパクトSUV『e-SURVIVOR』
【日本初】トラック2台分の超大型車両「ダブル連結トラック」が運用開始!人手不足の解決策となるか
まもなく開幕「東京モーターショー2017」 国内大手メーカーの出展内容まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加