最新ランキングをチェックしよう
スマートフォンを活用して12種類の感染症を診断する新たな手法が発明される

スマートフォンを活用して12種類の感染症を診断する新たな手法が発明される

  • Techable
  • 更新日:2018/04/26

米ワシントン州立大学とペンシルバニア大学の共同研究チームは、2018年4月、スマートフォンを使って臨床検査機関と同等レベルでウイルス感染や細菌感染を検査する新たな手法を発明。
その研究論文を専門雑誌「Clinica Chimica Acta」で発表した。
・スマートフォンで検体を撮影し、感染症を診断
この手法は、麻疹・ヘルペス・ライム病を含む12種類の感染症につき、96の検体を一度に検査できるのが

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
同性両親のDNAを受け継ぐマウスはどうやって生まれたか
人間も動物たちもがんばっている。科学・技術・生物・宇宙界から15の良いニュース
鳥の歌、習得の仕組み解明=ドーパミンに模倣機能-東北大
「脳食いアメーバ」の生息範囲が温暖化で拡大中
ノーベル賞受賞で再注目「免疫療法」は「まゆつばもの」だらけだった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加