最新ランキングをチェックしよう
スマートフォンを活用して12種類の感染症を診断する新たな手法が発明される

スマートフォンを活用して12種類の感染症を診断する新たな手法が発明される

  • Techable
  • 更新日:2018/04/26

米ワシントン州立大学とペンシルバニア大学の共同研究チームは、2018年4月、スマートフォンを使って臨床検査機関と同等レベルでウイルス感染や細菌感染を検査する新たな手法を発明。
その研究論文を専門雑誌「Clinica Chimica Acta」で発表した。
・スマートフォンで検体を撮影し、感染症を診断
この手法は、麻疹・ヘルペス・ライム病を含む12種類の感染症につき、96の検体を一度に検査できるのが

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
地球に衝突するかもしれない小惑星「ベンヌ」を探査機で調査すべき10の理由とは?
それは惑星と呼ぶには大きすぎた? 木星の12.7倍の質量を持つ天体がかなり奇妙
月は人工天体、宇宙人が意図的に作成したもの! 月面のUFO画像が証明...巨大天体「ティアマト」とニビルも月の成り立ちに関連
月の南極と北極に「氷」の存在を発見!月探査時の水資源に活用期待 NASA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加