「元サヤ」がたいていうまくいかない理由

「元サヤ」がたいていうまくいかない理由

  • マイナビウーマン
  • 更新日:2019/03/25

「元彼、今ごろ、何してるのかな~?」なんてふと気になって、思わずFacebookやSNSを追跡してしまう……なんて女性も多いと耳にします。

ちなみに、私はやったことがあります(笑)。

しかしながら、別れたからにはそれなりの理由もあるわけで、元サヤに戻ったところでうまくいかないのかも? という不安はありますよね。失った恋ほど美化してしまう傾向もあるので、復縁が必ずしも正解とも言い切れません。

今回は、元サヤでうまくいく恋、うまくいかない恋のちがいについてまとめてみたいと思います。

■「元サヤ」とは?

まずは元サヤの言葉の意味と、どのくらいの女性に経験があるのかを紹介します。

◇「元サヤ」の意味

No image

元サヤとは、本来あるべき姿に戻ることです。「元の鞘に収まる」を略して「元サヤ」といわれています。

辞書などによると「一度離縁した者または仲違いした者が再び元の仲に戻ること」とされています。

この記事では、一度は別れてしまった2人が、再び恋人同士によりを戻すこと、と定義したいと思います。

◇「元サヤ」経験のある女性は3人にひとり!

Q.別れた彼氏と再び付き合う、いわゆる「元サヤ」を経験したことはありますか?

No image

・ある(33.0%)・ない(67.0%)※有効回答数297件

20~30代の未婚女性にとったアンケートでは、元サヤ経験がある人は33%でした。

一度は愛し合った仲、そこにはもちろん情があるし、別れてみるといい思い出ばかりが募ってしまうもの。

今になって思い返してみると、昔のケンカは感情的になりすぎていたかも? と反省することもあるでしょう。あの余計なひと言さえなければ、私たちはまだ付き合っていたのかも? と自己嫌悪に陥るような思い出もあるかもしれません。

元彼がいつまでも忘れられずに、苦しんでいる人も多いはず。

新しい恋を見つけるよりも、元彼とよりを戻す方が楽なのでは? と思う人もそれなりにいるようです。3人にひとりが元サヤ経験者ということも頷けます。

■元サヤは「うまくいくもの」or「うまくいかないもの」?

No image

もともと恋人同士だったカップルですから、お互いの気持ちが少しでも残っていれば、案外復縁自体は可能なのかもしれません。

しかしながら、その恋が長続きするかどうかはまた別問題。

続いては、元サヤでうまくいくカップル、やっぱりうまくいかないカップルについてまとめます。

◇元サヤからうまく付き合えた女性約65%

Q.(「ある」と答えた人に質問です)元サヤ後、お付き合いはうまく行きましたか?

No image

・うまくいった(お付き合い継続中)(16.3%)・うまくいった(現在は別れている)(49.0%)・うまくいかなかった(すぐに別れた)(34.7%)※有効回答数98件(元サヤ経験のある女性)

アンケート結果を見てみると、元サヤには戻れても、うまくいかなかったカップルが約35%。一旦うまくいったけど、現在は別れてしまっている人が約半数。現在も交際中の人は、わずか16%ほどしかいないようです。

元サヤがうまくいかない理由、うまくいっても長く続かない理由は何なのか? とことん考察してみたいと思います。

◇元サヤがうまくいくケース

No image

元サヤでもうまくいくケースは、別れた原因を払しょくできたカップルです。

たとえば、別れた理由が「彼氏の転勤」だった場合。遠距離恋愛に耐えられず別れてしまったとします。もし彼が再び異動で近くに帰ってきた場合、そのカップルはやり直せると思いませんか?

「距離」という原因が払しょくできたからです。

ほかにも、親の介護問題でうまくいかなくなったカップルは、その問題が片付けば再びいい関係が築けるでしょう。

別れの原因が外的なもので、それが解決した場合、元サヤはうまくいきやすいです。

もちろん、性格や価値観といった内的なものでも、個人の成長しだいでは、元サヤでもうまくいきます。

◇元サヤがうまくいかないケース

No image

人は失ったものほど、惜しいと思うものです。そして大概、過去の恋愛は脳内で美化してしまいがち。嫌だった思い出は少しずつ薄れていき、よかった思い出ばかりを回想してしまうんですよね。

「あのころはよかった。やっぱりあのころに戻りたい」なんてセンチメンタルな思いだけで元サヤに戻っても、うまくいきません。忘れていた嫌だったところを思い出して、また嫌になってしまうのが関の山です。

同棲していて「私ばかりに家事が押し付けられてる!」と不満を持ち、喧嘩が絶えなくなって別れたカップルの場合、彼女側が「多少、家事分担が多くてもしょうがない。それでも一緒にいたい」と折れて不満を抱かないマインドを会得するか、彼氏側がもっと家事を手伝うようになるか……いずれかの歩み寄りがなければ、元サヤになっても、結局同じ喧嘩を繰り返すだけで、別れてしまいます。

一度は別れた2人が昔のままではうまくいくはずがありません。別れの原因が外的なものではなく、2人の性格や考え方の問題であった場合、それを直すのはなかなか大変なケースが多いです。

別れた理由を冷静に見つめ直して改善し、「それでも2人でいたい」という強い気持ちと成長があってこそ、復縁は成就します。

新しい恋よりも元サヤでうまくいくほうが難しいのも現実。そのことを十分に理解した上で、「それでも一緒にいたい」という強い覚悟を互いに持っていないと、結局同じことの繰り返しになってしまうのです。

■結婚を考えるときに「元サヤ」は有効?

No image

付き合っていたころよりもずっと成長した2人がもう一度やり直して結婚を! と考えているのであれば、有効です。

現に、私の友人で大学生のころに付き合っていた元彼と、30代になってから復縁し、結婚したカップルがいますが、とてもうまくいっています。

大学生のころはお互いにまだ多感であったこともあり、「マンネリでときめきがない。もっと刺激がほしい」とあっさり別れ、別の恋をはじめたそうです。

しかし、破局後10年の間に、誰と付き合っても結局恋愛初期のときめきは長続きせずにマンネリするということを悟ったり、相手のよさや居心地のよさに改めて気づいたりすることができたそう。

2人とも大人に成長したことで、恋愛や結婚に求めるものや考え方が変化しており、一生涯のパートナーにするなら、彼(彼女)が一番なのではないか? と、復縁後はトントン拍子に結婚に向かっていったそうです。

このように、昔付き合っていたころとは考え方や価値観が変化し、互いに成長しているのであれば、うまくいくケースもあります。

逆に、「新しい恋をするのは面倒だから、元彼でいいや」というような打算的な元サヤであれば、やはりうまくはいかないでしょう。

現実的には、元サヤカップルが結婚に至る確率は低く、やっぱり別れてしまう可能性のほうが高いものです。

■元彼との「元サヤ」をうまくいかせるコツ

No image

うまくいくのは難しいとはいえ、「元サヤ」を成功させたい人もいますよね。元彼が気になって仕方がないという人もいるでしょう。

続いては、元彼との元サヤを成功させるコツをお伝えします。

◇別れた原因をとことん追求して、解決すること

No image

好きになるのには理由はありませんが、別れるのにはたいてい理由があります。

元サヤになる前に、その別れた理由は徹底的にクリアにしておくことが賢明です。

◇冷却期間を置く

No image

別れた原因をクリアにするためにも、お互いに冷静になることが大事。

別れた直後のほうが失った喪失感から「やり直したい」という気持ちが強くなるものですが、そこは一旦冷静になることが大切です。

元彼が一番いいとは限りません。ほかの男性に目を向けてみてもいいと思います。一度彼から視線を外して、それでも彼がいいと思った上で行動しても遅くはありません。

勢いだけでやり直しても、結局同じ失敗の繰り返しになるだけです。

◇相手を変えようとするのではなく、自分が変わる覚悟を持つ

No image

元サヤでありがちなことは、「きっと相手が変わってくれているだろう」という淡い期待を抱いてしまい、結局何も変わっていなくて、ガッカリしてやっぱり別れてしまうことです。

基本的に相手のことをコントロールすることはできません。自分が変わる覚悟を持つこと、相手に過度な期待をしないことが元サヤする上ではとても大切です。

◇慢心せずに一からパートナーシップを築いていく努力をすること

No image

元サヤでありがちなことは、お互いのことはもうよくわかっていると慢心してしまうことです。長年連れ添った夫婦でさえ、相手の新たな一面を発見することがあるもの。

彼と初めて付き合ったばかりのころのように、一から信頼関係を築いていくつもりで努力しましょう。

■「元サヤ」は婚活ではオススメしないかも

No image

もちろん例外はありますが、基本的には婚活では「元サヤ」はオススメしていません。

強い決意と覚悟の上での元サヤ、もしくは物理的な原因が排除された上での元サヤだったらいいのかもしれませんが、大概打算的な元サヤになってしまうケースがほとんど。そうなるとやはりうまくいきません。やっぱり別れた理由はそんなに簡単に解決できるものではないからです。

結婚には「勢い」が必要とよくいわれていますが、その「勢い」は恋の鮮度と比例する部分もあります。元サヤのカップルの鮮度は低めなもの。勢い不足で失速してしまうケースも多いのです。

過去に執着するよりも、過去の恋愛を糧にして、新しい恋に目を向けたほうが早く婚活を卒業できると思いますよ。

(ひろん)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ調査日時:2019年2月22日~2月23日調査人数:297人(22~34歳の働く未婚女性)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「今から会おうよ」22時、モテる男からの誘い。ダメだとわかっていても抗えない女の葛藤
「結婚願望あるの?」好意を抱いていた男から聞かれた途端に、女の気持ちが萎えたワケ
男性からOKをもらえるGWデートの誘い方5つ│連休もあの人に会いたい!
キスの場所でわかる「本当の男心」
男性がイライラしてしまう女性の行動4つ こういう子とは付き合いたくない!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加