【新潟知事女性問題】相手の女性を「少なくとも僕は好きでしたよ」 米山隆一知事、自由恋愛と強調

【新潟知事女性問題】相手の女性を「少なくとも僕は好きでしたよ」 米山隆一知事、自由恋愛と強調

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/04/19

女性問題で辞職の意向を固めた新潟県の米山隆一知事(50)は17日の記者会見で、相手の女性とは自由恋愛なのか金銭の関係なのかと問われ、「詳しくは次の会見で申し上げたいと思うが、少なくとも僕は好きでしたよ」「相手も思ってくれてたと思う」と、自由恋愛だと強調した。

平成28年10月に知事に就任する前から就任後にかけて複数の女性と関係があったが、重複していた期間はなく、いずれも独身だとした。

女性が未成年との指摘があり、違法性について質問されると、弁護士でもある米山氏は「僕としてはそう(違法)じゃないという気持ちでやってた。でも、そうじゃないと取る余地もあると思う」「違法性の定義ということではないか。少なくとも、本件で警察が…という話ではない」との見解を示し、18歳未満、20歳未満かとの問いに「ないです。成人です」と断言した。

女性が18歳未満の場合は、児童買春処罰法、児童福祉法、新潟県青少年健全育成条例などに触れる可能性がある。

No image

記者会見を行った米山隆一・新潟県知事=17日、新潟県庁(荒木孝雄撮影)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
人気タレントH似の男 練馬区で女子生徒にスカートめくり 沈黙の逃走
中央道が「中央高速道路」から「中央自動車道」に格下げになったのはなぜ?
セクハラで女性記者の倫理を問う読売社説
裁判費用、ネットで調達 日本初、目標額超える340万円 大阪のタトゥー医師法違反事件
ポルシェで幅寄せ男性負傷 25歳の元医師を逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加