川淵三郎氏 単独インタビュー(2)不祥事続きのアマスポーツ「ガバナンスの問題」

川淵三郎氏 単独インタビュー(2)不祥事続きのアマスポーツ「ガバナンスの問題」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/09/21
No image

今後のスポーツ界について語る川淵三郎氏

Jリーグ初代チェアマンで、元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(81)が、このほどデイリースポーツの単独取材に応じ、W杯ロシア大会を最後にサッカー日本代表を引退した本田圭佑(32)=メルボルン・ビクトリー=を「将来、サッカー協会会長になったら面白い」と、自らの“後継者”に指名した。また、8月20日に新著「黙ってられるか」(新潮社)を出版した川淵氏は、本のタイトルさながらに不祥事続きのスポーツ界の問題点を鋭く指摘した。

◇  ◇

レスリング、体操のパワハラ問題や、日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題など、さまざまな騒動が世間を騒がせている。現在、ボールゲームの最高峰12リーグが所属する日本トップリーグ連携機構の会長を務める川淵氏だけに、不祥事続きのアマチュアスポーツ界に対して苦言を呈した。

「(バスケットボールの買春問題は)他とは異質。それ以外はスポーツ界に昔から起こってきたことで、たまたま個人の意思表示だとか世間のスポーツに関する考え方が変わってきた中で顕在化しただけ。すべてはガバナンス(組織統治)の問題に行き当たるね」と一刀両断した。

原因として競技団体のOB、代表クラスの選手が年を重ね、経営能力の有無を問わずボランティアとして組織の上に立ち、事務局、スタッフまでもOBが運営、育成強化に携わってきた構造にあると指摘。「ボランティアで給料の安いところに優秀な人材がいくわけがない。そのところがスポーツ界全体、ガバナンスの問題」と持論を展開した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本のウルグアイ戦勝利に韓国がっかり?「せめてもの救いが...」
「ロシアの時から引っ張っていく気持ち」 大迫勇也、森保J初招集でも“不変”を主張
日本代表vsウルグアイ!壮絶試合の「全7ゴール」を動画で見る!
【ウルグアイ代表試合前日コメント】DFディエゴ・ゴディン「乾はエイバルで良いプレイをしたからベティスへの扉を開くことができた」
ウルグアイ監督、日本は「前線が非常に良かった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加