韓国でも賛否分かれる徴用工問題。現地在住日本人が見た国民感情

韓国でも賛否分かれる徴用工問題。現地在住日本人が見た国民感情

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2018/11/21
No image

日本植民地時代の強制徴用被害者が新日鉄住金に起こした損害賠償請求訴訟再上告審で、韓国大法院が出した日本企業に対し1億ウォンの支払いを命じる判決。安倍首相は「ありえない判断」としましたが、韓国国内ではどのように受け止められているのでしょうか。今回の無料メルマガ『キムチパワー』では、韓国在住歴30年の日本人著者が現地の反応を紹介しています。

最近の話題をあれこれ

10月30日に出された韓国・大法院(=最高裁)強制徴用賠償判決に対しては、日本は当然のことながら強い不快感を表わした。韓国側としては、同日、イ・ナギョン総理が「政府は今回の判決を尊重し、関連事項を綿密に検討する」とした韓国政府としての立場を表明している。

しかし11月1日に行なわれた文大統領の施政方針演説においてはこの問題がただの一言も言及されずに終わった。支持するでもないし否定するでもない。文在寅の方向性からすれば勿論「支持」だと思われる。が、世界からの目というものもあるから積極的に支持の表明はしないでおいているのであろう。

韓国のマスコミもそれほど積極的にこの問題を取り上げる方向性にはない。判決が下されて2週間余り、世の中挙げて日本糾弾というニュースがあんまりないように見受けられるゆえ。もう少し時間が経たないと、この問題の韓国側の立ち位置ははっきりしないものと思われる。

日本政府ならびに日本人の心情としては、1965年の請求権協定を覆す判決じゃないかと批判したい気持ちが強かろう。韓国でもそのような立場でものを言う人がいるくらいだ。「解決している問題なのになんでまた今になって蒸し返してくるのか」という人(韓国人)が実際にいるのだ。しかし一般的な韓国の人の立場としては、1965年の協定で全て解決済みと考えている人はたぶん少数派だ。

何事であれ、徹底して白黒をはっきりさせるというのがこちらのスタイルだ。#MeToo問題にしても、日本での盛り上がりはそれほどでもないけど、こちら韓国は今年の1月に女性検事の#MeToo暴露を皮切りに、あとからあとから徹底して提起されてきた。

今もその動きは続いているし、それは非常にいいことだと筆者は思っている。こういう問題をうやむやにして流してしまうよりは、徹底して根絶できればそれに越したことはないからだ。

この完膚なきまでたたきのめす徹底的傾向は、韓国の誇らしき特性である。一歩間違えば世の中(全世界)から総スカンをくらうものとなることも銘記すべしとは思うけれど。「少女像」ならぬ「徴用工像」の設置を考えている市民団体もある。これはやりすぎじゃないかと筆者には思われる。韓国政府がどのような扱いをしてくるか、注目せざるを得ない。

10月25日、板門店のJSA非武装化が完了した。JSAとは「Joint Security Area」のことで、共同警備区域と訳されている。このJSAをめぐっては、70年代の「斧・蛮行事件」を皮切りに、最近では2017年の北朝鮮軍のオ・チョンソン下士官の脱出事件など、さまざまの事件が起こっている。

「斧・蛮行事件」というのは、1976年8月18日、米軍6人と韓国軍5人が民間労働者5人とともにポプラの枝を除去する作業をしていた時、北朝鮮軍の奇襲攻撃を受けた事件。この奇襲で板門店共同警備区域内のUN軍側第3警戒所付近で作業していた米軍将校2人が斧で殺害され、警備兵9人が重軽傷を負った事件である。この事件を契機として板門店共同警備区域が南と北に分かれた。このJSAが非武装化され、11月の中旬ごろからは観光客が自由に観光できる体制となる。

非核化問題は依然として進展する流れが見えてこないし、南北共同で北朝鮮の鉄道線路の点検をするという合意も現時点ではどっかに消えてしまった感が強い中、このJSAの非武装化は歴史的に見てもかなりのウエイトを占める価値を持つ。4月の南北首脳会談の後、米朝首脳会談も成功を収めるなど表面的にはエッサホイサの大繁盛みたいに見えながら、なかなか軌道に乗らない北朝鮮問題ではあるけれど、アリさんの歩みほどにはプラスの方向に進んでいると見てよいものと思われる。JSAの非武装化がその好例。

今年に入ってからの北の動きを見ていると、金正日のときとは違って金正恩になってやはりかなり変わってきたな、これまでとは違うな、と思われることも多々あったけれど、どうしてどうして、北はそんなに簡単に一筋縄ではいかないことはここへきて痛いほどわかった。でも嘘ばかりついていた金正日のときとは、やっぱりそれでも、違うことは違う(そう思いたい)。

金正恩はやると決めたことはやる男である。そのへんのところをうまく見極め、駆け引き上手に渡り合っていけば、絶対不可能と思われた南北統一も、夢のまた夢という次元の話でもなくなってくるであろう。以前にも書いた文章だけれど、宇宙船が無限遠からターゲット惑星の軌道に静かに静かに入っていくように、南と北も、無限遠から統一の軌道に知らずうちに入っているのかもしれない。

image by :Christian Ouellet / Shutterstock.com

MAG2 NEWS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ファーウェイ事件の恐怖、在米中国人エリート層が逃げ出す日 トランプの真の狙いとは?
日本の武術と、中国の武術の決定的な違い=中国メディア
中国のスパイ?謎多きファーウェイCFO、旅券8通所持の「意味」
こ、これは・・・中国人が見て驚愕する、日本のある「地名」とは? =中国メディア
81歳知日派の苦言「韓国の政治家は、『日本非難が愛国』だと思っている」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加